コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本漁師 ほんりょうし

1件 の用語解説(本漁師の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ほんりょうし【本漁師】

漁村における本百姓浜方百姓浦方百姓,浜者などという表現も本漁師を指すことが多い。そのほかにも,例えば網方百姓というように,台網,地引網,釣漁業地域では網や漁舟の有無・多寡によって別の名称で呼ばれている場合もある。ともあれ一般的には近世漁村の構成員で,かつ地先漁場の占有利用権を行使できる漁業年貢負担農民をいい,農村において検地帳に登録された本百姓にあたる。そもそも近世漁村には郷村制の成立した近世初期以降,臨海農村から分離した村が多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

本漁師の関連キーワード浦百姓惣百姓百姓本百姓脇百姓大百姓家抱土百姓百姓分水呑み百姓

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

本漁師の関連情報