コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本漁師 ほんりょうし

世界大百科事典 第2版の解説

ほんりょうし【本漁師】

漁村における本百姓浜方百姓浦方百姓,浜者などという表現も本漁師を指すことが多い。そのほかにも,例えば網方百姓というように,台網,地引網,釣漁業地域では網や漁舟の有無・多寡によって別の名称で呼ばれている場合もある。ともあれ一般的には近世漁村の構成員で,かつ地先漁場の占有利用権を行使できる漁業年貢負担農民をいい,農村において検地帳に登録された本百姓にあたる。そもそも近世漁村には郷村制の成立した近世初期以降,臨海農村から分離した村が多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

闇ポテチ

2017年に起こったジャガイモ不足を発端に、非正規のルートで流通したポテトチップスのこと。16年の台風被害などで原料となる北海道産ジャガイモの収穫量が減少したことを受け、17年3月に株式会社湖池屋が、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

本漁師の関連情報