コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本間四郎三郎 ホンマシロウサブロウ

4件 の用語解説(本間四郎三郎の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ほんま‐しろうさぶろう〔‐シラウサブラウ〕【本間四郎三郎】

[1732~1801]江戸中期の豪商。名は光丘。本間家3代目。庄内藩の酒田で事業に成功し、藩財政に関与。また、私財を投じて最上川の治水や天明の飢饉の救済を行った。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ほんましろうさぶろう【本間四郎三郎】

1732~1801) 江戸中・後期の豪商。酒田の人。名は光丘、四郎三郎は通称。庄内藩一四万石の領地において二四万石の大地主であった本間家の中興の祖。廻船問屋を営み巨財を積み、財力を背景に藩政にも参与し士分となる。米沢藩主上杉家の中興にも貢献。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

本間四郎三郎
ほんましろうさぶろう
(1732―1801)

江戸中期の豪商。通称光丘(みつおか)。本間家3代で、1754年(宝暦4)家督を継ぐ。酒田西浜に砂防林をつくり、新田開発を行う。庄内(しょうない)藩、米沢(よねざわ)藩の財政再建に関与し、庄内藩では御小姓(おこしょう)格、郡代並(なみ)に任ぜられた。多額の大名貸を行い、米および内陸の大豆、青苧(あおそ)などの特産物の取引によって商業資本家となる一方、小作米約1万4000俵に上る大地主本間家としての基礎をつくった。光丘が建てた現存する建造物に、68年(明和5)幕府巡見使宿としてつくられた後の本間家本邸、浄福寺唐門、山王山日枝(ひえ)神社がある。光丘は俳句をつくり、蓬莱山其山(ほうらいさんきさん)と号した。享和(きょうわ)元年6月1日没。酒田市立光丘図書館に光丘(こうきゅう)文庫がある。[横山昭男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

本間四郎三郎の関連キーワード享和筒井村作兵衛若林強斎山科別院山科本願寺榎本星布尼多紀元悳本間四郎三郎下館藩駿台雑話

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone