コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

李広利 りこうりLi Guang-li; Li Kuang-li

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

李広利
りこうり
Li Guang-li; Li Kuang-li

[生]?
[没]征和3(前90)
中国,前漢の武将。中山 (河北省定県) の人。妹は武帝の李夫人。太初1 (前 104) 年弐師 (にし) 将軍として,西域の大宛弐師城にいたり,善馬を取ることを命じられ,遠征におもむいたが果せず,敦煌に引返して兵の中止を上言した。しかし許されず,再び大宛を討ち,四十余日国都を包囲したのち,これをくだした。この結果康居,烏孫も漢に服属し,その功により海西侯に封じられた。征和3 (前 90) 年大軍を率いて匈奴に攻め入ったが敗北し,捕えられて殺された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

りこうり【李広利 Lǐ Guǎng lì】

?‐前90
中国,前漢の将軍。中山(河北省定県)の人。妹の李夫人が武帝の寵愛をうけて昌邑哀王を生んだために取り立てられ,弐師将軍となって大宛国(フェルガナ)に遠征。前102年(太初3)に大宛を下して西域諸国を服属せしめ,良馬多数を得て凱旋,その功によって海西侯に封ぜられた。その後は匈奴征伐に転じ,再三匈奴を討ったが利を得ず,功をあせった彼は前90年(征和3)に匈奴の地深く攻め入ったために捕らえられ,殺された。【永田 英正】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

李広利
りこうり
(?―前90)

中国、前漢の武将。妹の李夫人が武帝に寵愛(ちょうあい)され昌邑哀(しょうゆうあい)王を産んだ。その縁で紀元前104年、大宛(だいえん)国(フェルガナ)弐師(じし)城の良馬奪取の命を受け、弐師将軍の称号を与えられた。最初の遠征は、糧食が尽き敦煌(とんこう)に戻ったが、再度命令を受け、大軍を率い大宛城を包囲し、40日にしてこれを陥れ、良馬多数を得た。さらに康居などの西域(せいいき)諸国もこの遠征の結果漢に服属した。この功績により海西侯に封ぜられた。その後、前99年、前97年の2回匈奴(きょうど)討伐に向かったが、さしたる功を収められず、前90年の3回目の匈奴遠征中、妻子が巫蠱(ふこ)の獄に連座した。彼はその罪を償うため軍功をあげようと、匈奴の敵地深く攻め入ったが敗北して捕らえられ、殺された。[飯尾秀幸]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の李広利の言及

【汗血馬】より

…中国では古来名馬を天馬と称しているが,《史記》の大宛列伝によると,〈はじめ烏孫の馬を天馬と名づけたが,大宛の汗血馬を得てみるといっそうたくましく,そこで大宛の馬を天馬と称し,烏孫の馬を西極(せいきよく)と改めた〉と記されている。前104年(太初1),武帝が李広利に弐師(じし)将軍を名のらせて大宛征伐を敢行したのは,汗血馬を獲得するためであった。李広利は2度目の遠征で良馬数十頭に中馬以下3000余頭を得て凱旋すると,武帝は〈西極天馬の歌〉をつくらせたといわれる。…

※「李広利」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

李広利の関連キーワード総合年表(北・東・東南アジア)武帝(中国、前漢)武帝[前漢]汗血馬李陵

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android