哀憐(読み)あいれん

精選版 日本国語大辞典「哀憐」の解説

あい‐れん【哀憐】

〘名〙 かなしみ、あわれむこと。神仏衆生に対する、君主人民に対する、または人間の他の動物に対するあわれみの気持ちをいう場合が多いが、「愛憐」とほぼ同義にも用いられる。
※将門記(940頃か)「堺外の士女は声を挙げてす」
日葡辞書(1603‐04)「Airenuo(アイレンヲ) タルル」 〔史記‐刺客伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「哀憐」の解説

あい‐れん【哀×憐】

[名](スル)悲しみ哀れむこと。ふびんに思うこと。哀憫あいびん
[類語]憐憫愛憐哀れ愛情愛着情けじょう情合い情愛情味人情人情味温情恩情厚情思いやりいつくしみ慈愛仁愛仁恵仁慈仁心じん慈悲あわれみ同情

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

秋の名残

秋の趣を感じさせる最後のもの。冬になっても残っている秋の趣。《季・秋》※堀河百首(1105‐06頃)冬「いかばかり秋の名残をながめまし今朝は木葉に嵐吹かずは〈源俊頼〉」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android