哀憐(読み)あいれん

精選版 日本国語大辞典「哀憐」の解説

あい‐れん【哀憐】

〘名〙 かなしみ、あわれむこと。神仏の衆生に対する、君主の人民に対する、または人間の他の動物に対するあわれみの気持ちをいう場合が多いが、「愛憐」とほぼ同義にも用いられる。
※将門記(940頃か)「堺外の士女は声を挙げてす」
※日葡辞書(1603‐04)「Airenuo(アイレンヲ) タルル」 〔史記‐刺客伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android