コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

村井知至 むらいともよし

4件 の用語解説(村井知至の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

村井知至
むらいともよし

[生]文久1(1861).9.19.
[没]1944.2.16. 逗子
明治期の社会主義者,英語学者。キリスト教徒で,1898年以後,社会主義研究会を組織し,初期社会主義運動の重要な役割を果し,雑誌『六合雑誌』などに論文を発表,のちには社会主義協会労働組合期成会にも関係した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

村井知至 むらい-ともよし

1861-1944 明治-昭和時代前期のキリスト教社会主義者。
文久元年9月19日生まれ。横浜でJ.H.バラの英語塾にまなび,キリスト教に入信。アメリカに留学後,ゆにてりあん協会惟一(ゆいいつ)社の説教師となる。明治31年安部磯雄らと社会主義研究会を結成。のち東京外国語学校(現東京外大)教授となり,英語教育にも業績があった。昭和19年2月16日死去。84歳。伊予(いよ)(愛媛県)出身。同志社英学校卒。著作に「社会主義」「蛙の一生」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

むらいともよし【村井知至】

1861‐1944(文久1‐昭和19)
キリスト教社会主義者,英語学者。松山藩士の子として生まれた。1879年同志社入学後,新島襄の影響を受け,アンドーバー神学校アイオワ大学に学んだ。帰国後,本郷教会,ユニテリアン協会惟一館の説教者を務めるなかで社会問題に関心を示した。労働組合期成会の評議員,さらに98年に結成された社会主義研究会の会長となり,1900年普選期成同盟会にも参加した。のち教育界に転じ,01年東京外国語学校教授となり,英語教育に専心した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

村井知至
むらいともよし
(1861―1944)

明治時代の社会主義者。文久(ぶんきゅう)元年9月19日、伊予国(愛媛県)松山に藩士の子として生まれる。1879年(明治12)に同志社英学校に入学、熱心なクリスチャンとなり、卒業後は伝道に携わった。のちアメリカに二度留学、社会学を研究するかたわら社会事業施設を観察、社会問題に目を開いた。東京・三田の惟一館(いいつかん)でユニテリアン主義を講じ、97年に労働組合期成会評議員、翌98年には社会主義研究会を組織するなど、社会主義の宣伝・研究に乗り出した。
 1899年に著した『社会主義』は、観念性が強いものの体系的に社会主義を考察し、また当時の社会主義理論の水準を示すと評価されている。晩年は教育事業に携わり、東京外国語学校教授などを務めた。昭和19年2月16日没。[成田龍一]
『村井知至著『蛙の一生』(1927・警醒社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

村井知至の関連キーワード田辺朔郎鴻雪年恩田重信鳥居清種(2代)中村寛澄西田敬止西健林仙之松平直之(3)真野文二

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone