コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

村山又三郎(初代) むらやま またさぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

村山又三郎(初代) むらやま-またさぶろう

1605-1652 江戸時代前期の歌舞伎座元。
慶長10年生まれ。京芝居の祖といわれる村山又八の次男。寛永11年(1634)江戸村山座を創設し,17年ごろ弟村山左近をむかえて大歌舞伎の形をととのえた。村山座がのち買収されて市村座となったため,又三郎は市村宇左衛門初代にもかぞえられる。慶安5年3月6日死去。48歳。和泉(いずみ)(大阪府)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

村山又三郎(初代)の関連キーワードレオ11世承応フョードル2世戸次庄左衛門松木荘左衛門ケープ植民地戸次庄左衛門別木庄左衛門デ・ロイテルホイヘンス