コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

村山又三郎 むらやま・またさぶろう

朝日日本歴史人物事典の解説

村山又三郎

没年:承応1.3.6(1652.4.14)
生年慶長10(1605)
江戸初期の江戸村山座(のちの市村座)の創始者。京で役者をしていたが,芸指南のため江戸へ下り,寛永11(1634)年,上堺町(人形町)で興行を開始。同15年(17年とも),女形の弟左近を迎えてのち,幕府の許可を得て櫓をあげ,同20年市村座と改称

(今西晶子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

むらやままたさぶろう【村山又三郎】

江戸村山座の座元。(1)初世(1605‐52∥慶長10‐承応1) 京都芝居の祖とされる村山又八の次男。寛永期(1624‐44)前後の歌舞伎興隆に力のあった一族の一人。泉州堺に生まれ若年より歌舞伎を覚え,1631年(寛永8)江戸に下って34年上堺町に興行を許可され,村山座の座元となり,その後身である市村座の元祖と称されている。当時は踊りや能の間狂言の歌舞伎化が演目のおもなものであったという。(2)2世(1862‐81∥文久2‐明治14) 市村家の縁者である6世福地茂兵衛の子。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の村山又三郎の言及

【座元(座本)】より

…櫓主,太夫元ともいう。江戸では,1624年(寛永1)に猿若(中村)勘三郎が幕府に願い出て,中橋での興行を許されたのが座元の始まりで,以後,都伝内,村山又三郎,山村小兵衛(長太夫),河原崎権之助,森田太郎兵衛,玉川新十郎がそれぞれ劇場を立てて座元となった。57年(明暦3)の江戸大火後,中村勘三郎,市村宇(羽)左衛門,森田勘弥,山村長太夫の4人に限り座元として興行することが許されたが,1714年(正徳4)の江島生島事件で山村長太夫が官許を取り消され,山村座は廃絶した。…

※「村山又三郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

村山又三郎の関連キーワード市村宇左衛門(3代)市村宇左衛門(初代)三国彦作(初代)村田九郎右衛門座元(座本)市村羽左衛門村山左近江戸三座貴船没年