コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

村田新八 むらたしんぱち

4件 の用語解説(村田新八の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

村田新八
むらたしんぱち

[生]天保7(1836).11.3. 鹿児島
[没]1877.9.24. 鹿児島,城山
幕末~維新期の薩摩藩士。宮内大丞。西郷隆盛に従って国事に尽力。岩倉遣外使節に随行して欧米をまわり,帰国後,官を辞して西郷隆盛に従い鹿児島に帰郷,砲兵学校監督となった。西南戦争で薩軍大隊長として自決。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

むらた‐しんぱち【村田新八】

[1836~1877]薩摩藩士。西郷隆盛に従って国事に奔走。西南戦争では薩軍の大隊長として活躍し、城山で戦死した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

村田新八 むらた-しんぱち

1836-1877 幕末-明治時代の武士,士族。
天保(てんぽう)7年11月3日生まれ。薩摩(さつま)鹿児島藩士。西郷隆盛に兄事し,尊攘(そんじょう)運動に活躍。明治4年宮内大丞(くないだいじょう)となり,岩倉遣外使節団にくわわる。帰国後辞職し,篠原国幹(しのはら-くにもと)らと私学校をつくる。西南戦争では薩軍二番大隊長としてたたかい,明治10年9月24日城山で戦死。42歳。本姓は高橋。名は経満(つねみつ)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

村田新八

没年:明治10.9.24(1877)
生年:天保7.11.3(1836.12.10)
幕末明治期の薩摩(鹿児島)藩士。同藩士高橋良中の第3子,村田経典の嗣,諱は経満。年少より西郷隆盛に兄事した。文久2(1862)年,島津久光の上洛に際し,西郷と共に先発,京坂の形勢に対処したが,過激派を扇動したと,久光の怒りを買い,西郷は徳之島に新八は鬼界が島に流された。元治1(1864)年,赦免されるや,西郷を助けて王政復古運動に挺身し,戊辰戦争には薩摩藩軍の軍監として東北地方の戦線に軍功があった。明治4(1871)年,宮内大丞,次いで岩倉遣外使節団の理事官随行員となり米欧を巡遊,征韓論政変後に帰国,直ちに鹿児島に帰り,桐野利秋,篠原国幹らと私学校の経営に携わり,特に砲隊学校の監督に任じた。西南戦争では,薩摩軍2番大隊長として各所に奮戦,城山で最後の抵抗を遂げ戦死した。西郷のみならず,大久保利通にも将来を嘱目された。勝海舟は「大久保利通に亜ぐ傑物なり。惜哉,雄志を齎して非命に斃れたることを」と評したという。<参考文献>『西南記伝』下の2

(福地惇)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

村田新八の関連キーワード伊集院兼寛児玉源之丞鹿児島古薩摩鹿児島市維新ふるさと館鹿児島県薩摩川内市国分寺町鹿児島県薩摩郡池上四郎大迫貞清中島健彦

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

村田新八の関連情報