コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

篠原国幹 しのはらくにもと

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

篠原国幹
しのはらくにもと

[生]天保7(1836).12.5. 鹿児島
[没]1877.3.4. 熊本
明治の薩摩藩出身の軍人。陸軍少将。西郷隆盛を助けて私学校を経営,西南戦争田原坂の戦闘中戦死

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

篠原国幹 しのはら-くにもと

1837*-1877 幕末-明治時代の武士,軍人。
天保(てんぽう)7年12月5日生まれ。薩摩(さつま)鹿児島藩士。戊辰(ぼしん)戦争では小銃三番小隊長として各地に転戦。明治4年兵部省に出仕,陸軍少将となる。征韓論に敗れた西郷隆盛にしたがって下野。西南戦争では西郷軍一番大隊長として出陣,明治10年3月4日田原坂(たばるざか)で戦死。42歳。通称は冬一郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

篠原国幹

没年:明治10.3.4(1877)
生年:天保7.12.5(1837.1.11)
幕末の薩摩藩士,明治期の陸軍少将。篠原善兵衛の子。通称冬一郎。勤王運動に志し,文久2(1862)年,有馬新七らの京都義挙計画に参加して伏見寺田屋の変に遭遇,鹿児島に送還されて謹慎。3年,薩英戦争で砲台守備に出陣,薩摩3番小隊長として鳥羽・伏見の戦に奮闘。さらに江戸上野の彰義隊掃討戦,奥羽白川の戦,会津攻城戦に転戦して軍功があった。明治2(1869)年,鹿児島常備隊大隊長,4年御親兵編成に際して,陸軍大佐,兵部省参謀局出仕に任命された。5年7月近衛局長,まもなく少将。6年の政変で下野した西郷隆盛に従い鹿児島帰郷,私学校を桐野利秋,村田新八らと設立,その総監督として士族の軍事訓練,教育,山野の開墾に従事。沈黙寡言で有名だったが,人望が厚かった。10年,西南戦争では政府尋問を理由として挙兵,鹿児島軍1番大隊長として熊本城を攻撃,失敗。転じて高瀬に戦い,吉次峠の攻防戦で陣頭指揮の最中,敵弾に当たって戦死した。<参考文献>黒竜会編『西南記伝』

(福地惇)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

篠原国幹
しのはらくにもと
(1836―1877)

明治時代初期の陸軍軍人。天保(てんぽう)7年12月5日、薩摩(さつま)藩士篠原善兵衛の子に生まれる。通称冬一郎。藩校造士館(ぞうしかん)に学び読書教授の初歩をつかさどる句読師(くとうし)に進む。1863年(文久3)の薩英戦争に活躍。1868年(慶応4)戊辰(ぼしん)戦争に薩藩三番小隊長となり会津城攻略に参加。1869年(明治2)鹿児島常備大隊長。1871年政府に入り陸軍大佐。1872年陸軍少将、近衛(このえ)局出仕。1873年朝鮮使節派遣をめぐる政府分裂(いわゆる明治六年の政変)で下野。1874年同志と私学校を設立。1877年西南戦争に西郷軍一番大隊長として出陣、3月4日吉次越(きちじごえ)の戦闘において戦死した。[毛利敏彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の篠原国幹の言及

【私学校】より

…本校は旧近衛兵の銃隊学校と砲兵出身者による砲隊学校よりなる。前者は篠原国幹が主宰し生徒数は500~600名,後者は村田新八が監督し生徒数約200名であったという。学課は軍事のほか《春秋左氏伝》などの漢学をも講じ,また校中を数十組に分け,輪番制で日々の当直をきめ,出校は午前9時,退出は正午とされた。…

※「篠原国幹」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

篠原国幹の関連キーワード川村純義明治時代江田国通示現流

篠原国幹の関連情報