コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

村田昭 むらたあきら

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

村田昭
むらたあきら

[生]1921.3.25. 京都,京都
[没]2006.2.3. 京都
実業家。村田製作所創業者。陶器店を営む父のもとに生まれ,京都市立第一商業学校に進むが,肺結核のため中途退学。家業を継ぎ 1944年に村田製作所を創業,第2次世界大戦後の 1950年に株式会社化した。京都大学工学部の研究室に通いつめ,産学協同磁器コンデンサを開発する。テレビ時代の波に乗り,電子部品であるコンデンサの販路を拡大した。早くも 1960年代にはアメリカ合衆国のゼネラル・モーターズ GMから受注を獲得し,1973年には国内電子部品メーカーとして初めてアメリカに工場を建設した。世界最小レベルの携帯電話端末やパーソナル・コンピュータ用のセラミックコンデンサを世に送り出した。1991年まで 40年あまり社長を務めたのち,1993年から 2年間,日本電子材料工業会会長となり,電子部品業界の発展に力を尽くした。勲二等瑞宝章受章。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

村田昭 むらた-あきら

1921-2006 昭和-平成時代の実業家。
大正10年3月25日生まれ。病弱のため京都第一商業を中退し,碍子(がいし)製造の家業をつぐ。昭和19年村田製作所を設立。21年からチタンコンデンサーを製造,ラジオの普及とともに業績をのばす。同社はのちセラミックコンデンサーのトップメーカーとなり,多国籍企業化をすすめた。平成3年会長。平成18年2月3日死去。84歳。京都出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

村田昭の関連キーワード平岡祐太実業家

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

村田昭の関連情報