来島(読み)ライトウ

デジタル大辞泉の解説

らい‐とう〔‐タウ〕【来島】

[名](スル)よそからその島にやってくること。「観光を目的に来島する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

らいとう【来島】

( 名 ) スル
よそからその島に来ること。 「夏に-する観光客」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

来島
くるしま

愛媛県北部、今治(いまばり)市北部の波止浜(はしはま)港の入口にある島。周囲0.9キロメートル、面積0.04平方キロメートル。戦国時代には来島村上(むらかみ)水軍の本拠地であった。周囲は8~10ノットにも達する激しい潮流が岩を削ったため断崖(だんがい)をなし、全島城塞(じょうさい)状である。山頂の本丸跡や三の丸跡、石垣跡、武家屋敷跡、古井戸などの遺跡がある。集落は島の南の小湾に集まり、かつては一本釣り漁業、水先案内人に従事する人が多かった。波止浜港から来島港までは連絡船で約5分。人口32(2009)。[深石一夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

らい‐とう ‥タウ【来島】

〘名〙 よそから島にやって来ること。
※流人島にて(1953)〈武田泰淳〉「私が三郎(さぼう)だった頃も、関西の商人がこの件で来島したが」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

来島の関連情報