来島(読み)ライトウ

デジタル大辞泉の解説

らい‐とう〔‐タウ〕【来島】

[名](スル)よそからその島にやってくること。「観光を目的に来島する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

らいとう【来島】

( 名 ) スル
よそからその島に来ること。 「夏に-する観光客」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

来島
くるしま

愛媛県北部、今治(いまばり)市北部の波止浜(はしはま)港の入口にある島。周囲0.9キロメートル、面積0.04平方キロメートル。戦国時代には来島村上(むらかみ)水軍の本拠地であった。周囲は8~10ノットにも達する激しい潮流が岩を削ったため断崖(だんがい)をなし、全島城塞(じょうさい)状である。山頂の本丸跡や三の丸跡、石垣跡、武家屋敷跡、古井戸などの遺跡がある。集落は島の南の小湾に集まり、かつては一本釣り漁業、水先案内人に従事する人が多かった。波止浜港から来島港までは連絡船で約5分。人口32(2009)。[深石一夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

来島の関連情報