コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

村上氏 むらかみうじ

3件 の用語解説(村上氏の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

村上氏
むらかみうじ

(1) 鎌倉~室町時代の信濃の豪族。清和源氏,頼義の弟頼清の流。頼清の孫顕清が信濃に配流され,子孫が土着した。室町幕府成立時,信貞は信濃守護となった。戦国時代,村上氏は北信濃に勢力を張ったが,甲斐武田氏に圧迫されて衰えた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

むらかみうじ【村上氏】

中世,信濃国更級(さらしな)郡,埴科(はにしな)郡を中心とした地域に勢力を有した武士。清和源氏頼信流の盛清が,信濃国更級郡村上(現,長野県埴科郡坂城町)に住し,その子為国が村上氏を称したことに始まるとされる。12世紀後半,保元・平治の乱および治承・寿永の内乱に際して,基国の名がみえ,鎌倉幕府成立後は御家人となったとされる。しかしこの時期の村上氏については不明な点が多く,村上氏の本領が信濃国であったとする点についても疑問視する考え方がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

村上氏
むらかみうじ

南北朝時代から戦国時代にかけて瀬戸内海で活躍した海賊衆。伊予国能島(のしま)(愛媛県宮窪(みやくぼ)町)、同来島(くるしま)(同今治(いまばり)市)、備後(びんご)国因島(いんのしま)(広島県尾道(おのみち)市)にそれぞれ根拠地を置く三家からなる。三家は互いに強固な同族意識で結ばれ、後世には三島(さんとう)村上氏とも称された。南北朝時代には村上義弘(よしひろ)が南朝方として活躍したことが記録にみえるが、その実態は明らかではない。戦国期における活躍がもっとも目覚ましく、その強力な水軍力は瀬戸内海沿岸の戦国大名から恐れられた。能島、因島両村上氏は毛利氏と、来島村上氏は伊予河野(こうの)氏との関係が深い。一族の故地である今治市宮窪町と尾道市には、水軍関係の資料を集めた資料館がある。[山内 譲]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の村上氏の言及

【信濃国】より

…中先代軍は一時鎌倉を奪ったが,足利尊氏,直義のまき返しにあい失敗に終わった。建武政権の瓦解から南北朝内乱への過程で中先代党は南朝方にくみし,守護小笠原貞宗を中心とする小笠原一族,村上氏,高梨氏等は北朝方にくみした。44年(興国5∥康永3)ころ,宗良親王が南朝方武士香坂(こうさか)氏の根拠地である伊那郡大河原(下伊那郡大鹿村)の地にはいり,同地は東国・北陸道方面の南朝方の中心地となって,南北朝内乱は最盛期をむかえた。…

※「村上氏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

村上氏の関連キーワード更埴信濃更科・更級信濃路更科『更級日記』大岡〈村〉上山田〈町〉戸倉〈町〉長野県埴科郡

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

村上氏の関連情報