コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東宮山古墳 とうぐうさんこふん

1件 の用語解説(東宮山古墳の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

とうぐうさんこふん【東宮山古墳】

愛媛県川之江市妻鳥(めんどり)町に所在する円墳。東宮山と呼ぶ独立丘陵上にあり,直径14mを測る。北西の平野側に開口する横穴式石室を備える。石室は両袖式であり,4.33m×1.95mを測る玄室に,短い羨道(せんどう)がつく。1894年に遺物が取りだされ,翌年,陵墓参考地に指定された。宮内省に移された出土品として,鏡,冠,耳環,玉類,鈴,衝角付冑(かぶと),柄頭(つかがしら),馬具,須恵器,土師器(はじき)などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

東宮山古墳の関連キーワード伊予三島愛媛県川之江四国中央雌鳥川之江市霧の森めんどり篠原朔太郎丸住製紙

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

東宮山古墳の関連情報