東御市(読み)とうみ

  • とうみし
  • 東御〔市〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

長野県東部にある市。上田盆地の東側に位置し,中心部を千曲川が流れる。 2004年4月北御牧村,東部町が合併して発足古くから馬の産地として知られ,中世には東信地方一帯を支配した海野氏らに統治された。江戸時代の面影を残す北国街道海野宿は,日本の道百選に選ばれた。北部湯の丸高原は,レンゲツツジの大群落,コマクサアヤメマツムシソウなど高山植物の宝庫として知られる。クルミ巨峰スイートコーン,薬用ニンジンなどが特産品。市域の一部は上信越高原国立公園に属する。しなの鉄道,国道 18号線が通り,上信越自動車道のインターチェンジがある。面積 112.37km2。人口 3万107(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

アルコール依存症

飲酒によって一時的に、不安や緊張感、気分の落ち込みなどが緩和されるが、次第に飲まずにはいられない精神状態になり、同じような酔いを得るための飲酒量が増大していく(耐性)。身に付いてしまった大量頻繁な飲酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

東御市の関連情報