コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東御市 とうみ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東御〔市〕
とうみ

長野県東部にある市。上田盆地の東側に位置し,中心部を千曲川が流れる。 2004年4月北御牧村,東部町が合併して発足。古くから馬の産地として知られ,中世には東信地方一帯を支配した海野氏らに統治された。江戸時代の面影を残す北国街道海野宿は,日本の道百選に選ばれた。北部の湯の丸高原は,レンゲツツジの大群落,コマクサアヤメマツムシソウなど高山植物の宝庫として知られる。クルミ,巨峰,スイートコーン,薬用ニンジンなどが特産品。市域の一部は上信越高原国立公園に属する。しなの鉄道,国道 18号線が通り,上信越自動車道インターチェンジがある。面積 112.37km2。人口 3万107(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

とうみ‐し【東御市】

東御

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

東御市の関連キーワード梅野記念絵画館・ふれあい館OH!LA!HO!ビールヴィラデスト・田園記念日ミマキエンジニアリング長野救命医療専門学校海野宿歴史民俗資料館地域読書環境整備事業長野県東御市下之城長野県東御市海善寺長野県東御市島川原長野県東御市滋野甲長野県東御市大日向長野県東御市八重原長野県東御市羽毛山長野県東御市御牧原長野県東御市本海野ビエール・ド・雷電長野県東御市滋野乙長野県東御市塩川長野県東御市滋野

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

東御市の関連情報