コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東洋自由新聞 とうようじゆうしんぶん

5件 の用語解説(東洋自由新聞の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東洋自由新聞
とうようじゆうしんぶん

1881年3月 18日に創刊された自由民権派の日刊新聞。前年3月に国会期成同盟が結成され,自由民権運動が本格化しようとしていた頃,西園寺公望フランスから帰国して社長となり,パリで知合った中江兆民を主筆に据えて創刊した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

東洋自由新聞【とうようじゆうしんぶん】

1881年3月18日創刊,4月30日廃刊の日刊新聞。自由民権運動の中心的言論機関たらんとして発刊。中江兆民を主筆として,フランス的な自由民権論を展開した。内外の報道記事も充実していたが,社長西園寺公望を政府が極秘の勅命により退社させ,さらに資金提供者である社主が社を脱退,経営的に行きづまり,廃刊。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

とうようじゆうしんぶん【東洋自由新聞】

1881年(明治14)3月18日創刊された日刊新聞。フランスに遊学し自由主義思想に触れた公卿西園寺公望(さいおんじきんもち)が社長,中江兆民が主筆を務めた。おりからの自由民権運動の高揚のなかでフランス的な自由民権論を展開し,とくに,中江兆民の執筆になる社説は,当時の自由民権思想のなかでも卓越していた。そのほか国内政治状況,外国事情などの報道記事も充実していた。しかし,西園寺が自由民権派の新聞社社長を務めることを好まない政府は,極秘の勅命によって西園寺を退社させた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

とうようじゆうしんぶん【東洋自由新聞】

1881年(明治14)中江兆民らが創刊した自由民権派の日刊の政論新聞。政府の妨害で三四号で廃刊。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

東洋自由新聞
とうようじゆうしんぶん

1881年(明治14)3月18日、フランス帰りの西園寺公望(さいおんじきんもち)を社長にして東京で創刊された日刊紙。中江兆民が主筆になり、フランス流の思想をもとに自由平等の大義を鼓吹しようとしたもので、社員に松田正久、相田正文、松沢求策、林正明らがいた。しかし自由民権運動の高揚期に、清華(せいが)(公卿(くぎょう)の家格)筆頭である西園寺が新聞を主宰するということの社会的影響を恐れた三条実美(さねとみ)、岩倉具視(ともみ)らは、4月8日明治天皇の内勅によって、西園寺に新聞から手を引かせた。松沢は、このいきさつを檄文(げきぶん)にして配布したため罪に問われ、結局、同紙は4月30日「東洋自由新聞顛覆(てんぷく)す」の社説を掲げて第34号で廃刊になった。[春原昭彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の東洋自由新聞の言及

【西園寺公望】より

…1870年(明治3)パリに留学し,法学者アコラスÉmile Acollasに学んで自由思想の洗礼をうけ,パリの自由な生活を楽しんだ。80年に帰国すると,社会,人民の進歩を図るため教育,文化を重視し,明治法律学校(明治大学の前身)の創設に加わり,81年には中江兆民,松田正久らと《東洋自由新聞》を発刊して社長兼主筆となり,自由民権を唱えた。政府は退社を画策したが西園寺は拒絶し,天皇の内勅でやむなく辞職した。…

【中江兆民】より

…辞官後は仏学塾での研究教育とならんで高谷竜洲,岡松甕谷,三島中洲らの漢学者の門をたたき漢学仏典の研究に専心した。81年西園寺公望らと始めた《東洋自由新聞》は,その後死ぬまで継続される藩閥政府批判と自由民権の確立のための言論活動の最初の舞台となった。 思想家としての彼の特色は,西洋についての学識を単に知識として伝達啓蒙するだけでなく,一つ一つ伝統的思想の内部にある潜在的な要素とつきあわせ,その異同の吟味を通じて伝統思想の内側から普遍的価値に接近していこうとする態度をつくりあげた点にある。…

※「東洋自由新聞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

東洋自由新聞の関連キーワード直言芸文ゲットナビの日宇治紫文(4代)正親町公和杵屋佐吉(3代)桜井忠胤篠原和市藤森図高正富汪洋

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

東洋自由新聞の関連情報