東淀川区(読み)ひがしよどがわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東淀川〔区〕
ひがしよどがわ

大阪市北東部,淀川右岸の区。 1925年第2次市域拡張に伴って新設。 43年大淀区,74年淀川区を分区。東,南は淀川,北は安威川と神崎川,西は JR東海道本線に囲まれた淀川沖積地で,平安時代に河港として栄えた江口を除いてはほとんど水田地帯であったが,大正初期に現阪急電鉄京都線,千里線などが通じてから市街化が進み,工場も進出。淀川の水利に恵まれ,紡績染色,晒工業をはじめ,製薬などの化学工業,製紙,機械工業などが発達,現在は大阪北部工業地域の一部をなす。淀川沿いの柴島 (くにじま) に浄水場,名所としては寂光寺 (江口の君堂) ,崇禅寺などがある。区域の中央を東海道新幹線横断,区の西端に新大阪駅がある。面積 13.27km2。人口 17万5530(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

薬剤耐性菌

薬剤、特に抗生物質などに対する抵抗性を獲得した細菌。MRSA(メチシリン耐性黄色ぶどう球菌)・PRSP(ペニシリン耐性肺炎球菌)など。耐性菌。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android