コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杵屋栄蔵 きねやえいぞう

大辞林 第三版の解説

きねやえいぞう【杵屋栄蔵】

(三世)(1890~1967) 長唄三味線方。東京生まれ。芸風は豪快。日本邦楽学校を創設。「お七吉三」「雪女郎」などを作曲。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きねやえいぞう【杵屋栄蔵】

長唄三味線方。現在まで4世を数えるが,3世が著名。(1)初世 11代杵屋六左衛門初名。(2)2世 5世杵屋勘五郎の初名。(3)3世(1890‐1967∥明治23‐昭和42) 6世芳村伊十郎の養子で,5世勘五郎の門弟。前名栄次郎。1905年栄蔵を襲名する。11年同志とともに長唄鶴命会(かくめいかい)を組織し,翌年歌舞伎座の邦楽部長となる。その後,左団次一座,猿之助劇団の邦楽部長,松竹の邦楽顧問などの要職を歴任し,つねに長唄界の主流にあって歌舞伎長唄発展に尽くす。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

杵屋栄蔵
きねやえいぞう

長唄(ながうた)三味線方、杵栄(きねえい)派の家元名で、現在まで4世を数える。初世は11代杵屋六左衛門の初名、2世は5世杵屋勘五郎の初名である。[渡辺尚子]

3世

(1890―1967)本名小田栄次郎。6世芳村(よしむら)伊十郎の養子。5世勘五郎に師事し、栄次郎の名を経て1905年(明治38)3世を襲名。35年(昭和10)9世芳村伊三郎(芳村宗家)と大薩摩文太夫(おおざつまふみたゆう)の名前を兼ねる。1911年同志とともに長唄鶴命(かくめい)会を組織したほか、歌舞伎座(かぶきざ)邦楽部長、長唄協会会長などを歴任、また日本邦楽学校の校長を務めるなど、長唄の発展と後進の指導に力を注いだ。作曲の代表作に『お七吉三(きちさ)』『羽衣(はごろも)』など、著書に『長唄のうたひ方(正・続)』『長唄根岸集』などがある。日本芸術院会員。[渡辺尚子]

4世

(1917―88)3世の実子。1968年(昭和43)4世を襲名。[渡辺尚子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

杵屋栄蔵の関連キーワード富士田 音蔵(5代目)松島 庄五郎(4代目)杵屋 五三郎(1代目)杵屋 勘五郎(5代目)芳村 伊十郎(7代目)杵屋六左衛門(11代)芳村 五郎治(2代目)杵屋 栄五郎(3代目)杵屋 栄蔵(3代目)杵屋 栄蔵(4代目)杵屋 五三郎(初代)芳村五郎治(2世)杵屋正次郎(6世)杵屋勝太郎(4世)杵屋正次郎(5世)杵屋正次郎(5代)鳥羽屋里長(7世)富士田音蔵(5代)杵屋 栄津五郎11月15日

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android