松平家忠(2)(読み)まつだいら いえただ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平家忠(2) まつだいら-いえただ

1555-1600 織豊時代の武将。
弘治(こうじ)元年生まれ。松平伊忠(これただ)の長男。三河(愛知県)深溝(ふこうず)城主徳川家康にしたがい,長篠(ながしの)の戦い,小田原攻めなどで武名をあげる。天正(てんしょう)18年家康の関東入りに際し,武蔵(むさし)(おし)に1万石を領した。下総(しもうさ)上代(かじろ)城,小見川(おみがわ)城とうつる。土木普請の巧者で,江戸城,伏見城などの築城にかかわる。伏見城の戦いで守将として奮戦したが,慶長5年8月1日戦死。46歳。通称は又八郎,主殿助。日記に「家忠日記」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android