コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松平家忠(2) まつだいら いえただ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平家忠(2) まつだいら-いえただ

1555-1600 織豊時代の武将。
弘治(こうじ)元年生まれ。松平伊忠(これただ)の長男。三河(愛知県)深溝(ふこうず)城主。徳川家康にしたがい,長篠(ながしの)の戦い,小田原攻めなどで武名をあげる。天正(てんしょう)18年家康の関東入りに際し,武蔵(むさし)忍(おし)に1万石を領した。下総(しもうさ)上代(かじろ)城,小見川(おみがわ)城とうつる。土木普請の巧者で,江戸城,伏見城などの築城にかかわる。伏見城の戦いで守将として奮戦したが,慶長5年8月1日戦死。46歳。通称は又八郎,主殿助。日記に「家忠日記」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

松平家忠(2)の関連キーワードパウルス4世ジェレミー ウォリナーマイケル ジョンソンアンジェロ テイラー弘治松平家忠陶晴賢陶晴賢の妻ウィクラム天文

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android