コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松平康英 まつだいらやすひで

4件 の用語解説(松平康英の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

松平康英
まつだいらやすひで

[生]?
[没]文化5(1808).8.18. 長崎
江戸時代中期の長崎奉行。文化4 (1807) 年成瀬因幡守のあとをうけて第 81代長崎奉行。同5年イギリス軍艦『フェートン』号の長崎入港事件に遭遇。オランダ商館長 H.ドゥフの助言で事なきをえたが,責任を痛感して自刃。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日日本歴史人物事典の解説

松平康英

没年:文化5.8.17(1808.10.6)
生年:明和5(1768)
江戸後期の長崎奉行。通称伊織,図書頭。旗本2000石。中奥御番,西ノ丸徒頭,西ノ丸目付,目付,船手頭兼帯を経て,文化4(1807)年長崎奉行となる。ロシア船対策の警備を定めるなど,対外防備を固めた矢先,翌年8月15日英国艦フェートン号がオランダ国旗を掲げて長崎に侵入,オランダ人を捕縛する事件が起きたが,佐賀藩の警備不備により撃退ができず,食料など給与の要求を受け入れ,人質を解放させて,17日退去させた。その夜康英は責を負って切腹自殺した。のちに佐賀藩主鍋島斉直へは100日間逼塞の咎があった。なお別人で同姓同名の松平(松井)康英は幕末の棚倉藩主である。

(針谷武志)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

まつだいらやすひで【松平康英】

1760‐1808(宝暦10‐文化5)
江戸中期の長崎奉行。前田清長の次男。のち松平康彊の養子となる。初め栄之助,伊織,図書頭。1794年(寛政6)西丸徒頭,96年西丸目付,1800年目付,02年(享和2)船手頭兼任,07年(文化4)長崎奉行へと進み,長崎に赴く。08年イギリスのフェートン号(フェートン号事件)が長崎に入って乱暴したさい,これを阻止できなかった責任をとって,同船が長崎を退去した8月17日の夜に切腹した。【藤田 覚】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

松平康英
まつだいらやすひで
(?―1808)

江戸後期の旗本。別名は康秀・康平、図書頭(ずしょのかみ)と称した。1807年(文化4)正月長崎奉行(ぶぎょう)に就任。翌8年8月、ナポレオン戦争の影響によって、イギリス軍艦フェートン号がオランダ船拿捕(だほ)のため長崎に侵入し不法行為を行った。康英が薪水(しんすい)食糧を補給したためフェートン号は退去したが、18日、康英は国辱と責任を痛感し遺書を残して自殺した。長崎御番役の当番年にあたっていた佐賀藩は、幕府から警固の不備を追及され、藩主鍋島斉直(なべしまなりなお)は逼塞(ひっそく)を命じられた。いわゆる「フェートン号事件」がこれで、鎖国日本に衝撃を与える外圧となった。佐賀藩では、この事件を契機に防備拡充・軍備増強が急務となり、幕末藩政改革の導火線となった。[藤野 保]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の松平康英の言及

【川越藩】より

…66年(慶応2)武州一揆を武力鎮圧し農兵取立てを計画したが,前橋還城の命を受けた。翌年老中松平康英が陸奥国棚倉より8万0442石で入封。大政奉還・戊辰戦争に遭遇し,老中を辞し恭順の意を表したが,近江領2万石は新政府に没収された。…

【長崎奉行】より

…例えば,寛永鎖国令の定着を図った馬場利重,糸割符廃止の黒川正直,市法貿易法制定の牛込重忝(しげのり),定高制・唐人屋敷設定の川口定恒らはいずれも在任10年以上の熟達者で,正徳新例の立役者大岡清相も6年間立案施行にあたり現職中に病没した。幕末には《清俗紀聞》〈長崎覚書〉などの著者中川忠英,シーボルトに鳴滝塾など出島外での活動を許した高橋重賢,フェートン号事件の責を負って自害した松平康英などが有名であるが,収賄事件関係者も少なくない。鎖国直後と幕末には下僚として与力・同心,または出付出役が置かれたが,おおむね家老・用人以下の家臣(給人)が手足となって,町年寄以下の町役人を支配した。…

※「松平康英」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

松平康英の関連キーワード川村修就広渡湖秀図書頭長崎犯科帳長崎県長崎市江戸町大岡清相小笠原一庵岡田吉太夫高尾信福松平康英(1)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone