コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

逼塞 ひっそく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

逼塞
ひっそく

江戸時代の刑罰の一つ。武士僧尼に科せられ,『公事方御定書』には,「門を閉ざし,夜間くぐり戸より目立たないように出入りすることはさしつかえない」とある。また病気や火事の場合は閉門のときと同様この限りではなかった。閉門より軽く,遠慮より重いとされている。なお明治政府も,仮刑律において公家,武士,僧尼の閏刑の一つとしてこれを採用している。続く『新律綱領』では不採用。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ひっ‐そく【×逼塞】

[名](スル)《せまりふさがる意》
落ちぶれて世間から隠れ、ひっそり暮らすこと。「郷里に逼塞する」
江戸時代の武士や僧侶に科された刑罰の一。門を閉ざして昼間の出入りを許さないもの。閉門よりも軽く、遠慮より重い。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ひっそく【逼塞】

( 名 ) スル
姿を隠してひきこもること。落ちぶれて隠れて暮らすこと。 「片田舎に-する」
江戸時代、武士や僧侶に行われた謹慎刑。門を閉じて昼間の出入りを禁じたもの。閉門より軽く、遠慮より重い。夜間、潜り戸からの目立たない出入りは許された。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

逼塞の関連キーワード匹・弼・必・泌・畢・筆・謐・逼懐良親王(かねよししんのう)喜多十大夫長経台湾抗日運動イタリア紀行正親町公明平塚 武二柴山伊兵衛西園寺公宗後伏見天皇小笠原騒動河竹黙阿弥江戸時代松原清介細木香以福岡孝弟中山愛親石田三成平山敬忠横井小楠

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

逼塞の関連情報