逼塞(読み)ひっそく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

逼塞
ひっそく

江戸時代の刑罰の一つ。武士僧尼に科せられ,『公事方御定書』には,「門を閉ざし,夜間くぐり戸より目立たないように出入りすることはさしつかえない」とある。また病気や火事の場合は閉門のときと同様この限りではなかった。閉門より軽く,遠慮より重いとされている。なお明治政府も,仮刑律において公家,武士,僧尼の閏刑の一つとしてこれを採用している。続く『新律綱領』では不採用。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ひっ‐そく【×逼塞】

[名](スル)《せまりふさがる意》
落ちぶれて世間から隠れ、ひっそり暮らすこと。「郷里に逼塞する」
江戸時代の武士や僧侶に科された刑罰の一。門を閉ざして昼間の出入りを許さないもの。閉門よりも軽く、遠慮より重い。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひっそく【逼塞】

( 名 ) スル
姿を隠してひきこもること。落ちぶれて隠れて暮らすこと。 「片田舎に-する」
江戸時代、武士や僧侶に行われた謹慎刑。門を閉じて昼間の出入りを禁じたもの。閉門より軽く、遠慮より重い。夜間、潜り戸からの目立たない出入りは許された。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

逼塞の関連情報