コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松平忠次(2) まつだいら ただつぐ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平忠次(2) まつだいら-ただつぐ

1605-1665 江戸時代前期の大名。
慶長10年生まれ。松平忠政(ただまさ)の長男。榊原康政(さかきばら-やすまさ)の孫。慶長12年3歳で遠江(とおとうみ)横須賀藩主松平(大須賀)家2代となる。元和(げんな)元年叔父榊原康勝(やすかつ)の上野(こうずけ)館林(たてばやし)藩をつぎ,陸奥(むつ)白河藩をへて,慶安2年播磨(はりま)姫路藩主榊原(松平)家第1次初代。15万石。将軍後見役をつとめた。和漢の学に通じ,茶の湯をよくした。寛文5年3月29日死去。61歳。通称は五郎左衛門。号は百做。編著に「武家百人一首」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

松平忠次(2)の関連キーワードレオ11世ニュートン(Sir Isaac Newton)光の科学史フョードル2世タロンニュートン解析学フック(Robert Hooke)山鹿素行サルスエラ

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android