コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松本鼎(1) まつもと かなえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松本鼎(1) まつもと-かなえ

1839-1907 幕末-明治時代の尊攘(そんじょう)運動家,官僚。
天保(てんぽう)10年4月生まれ。農家に生まれ仏門にはいったが,吉田松陰にまなび,松陰の死後還俗(げんぞく)。禁門の変,戊辰(ぼしん)戦争に従軍。維新後は和歌山県知事,元老院議官をつとめ,明治23年衆議院議員,25年貴族院議員。明治40年10月20日死去。69歳。周防(すおう)(山口県)出身。通称は鼎造。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

松本鼎(1)の関連キーワード明治時代運動家天保尊攘

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android