コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大内山 おおうちやま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大内山
おおうちやま

三重県中南部,大紀町南西部の旧村域。宮川の支流大内山川上流域に位置する。 1889年村制。 2005年大宮町,紀勢町と合体して大紀町となった。ほとんどが山林で,スギ,ヒノキの人工林が多い。全国屈指の多雨地帯で,林業や酪農が行なわれる。最上流部の犬戻峡は景勝地で,林道が通じ,渓流釣り,ハイキングなどに好適。奥伊勢宮川峡県立自然公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

おおうちやま【大内山】

広島の日本酒蔵元の「大内山酒造」は明治40年(1907)創業所在地は呉市中央。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

大辞林 第三版の解説

おおうちやま【大内山】

皇居。御所。宮中。 〔元来は、京都市右京区、仁和寺の北の山の名。昔、宇多天皇の離宮があった〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大内山
おおうちやま

三重県中南部、度会(わたらい)郡にあった旧村名(大内山村(むら))。現在は大紀(たいき)町の西部を占める地域。旧村名は古代からの郷名による。2005年(平成17)大宮町、紀勢(きせい)町と合併して大紀町となる。台高(だいこう)山脈の南麓(なんろく)に位置し、旧村域の93%が山林で、集落と耕地は宮川の支流大内山川の狭い谷底に分布している。全国屈指の多雨地帯で年降水量3349ミリメートル、降水日数152日を数える。JR紀勢本線、国道42号が通じ、南へは荷坂(にざか)峠の急崖(きゅうがい)を下る。スギ、ヒノキの林業、シイタケ、茶、酪農(大内山牛乳)が主産業。全地域が奥伊勢(おくいせ)宮川峡県立自然公園区域で、大内山川最上流に犬戻(いぬもどり)峡の景勝がある。[伊藤達雄]
『『大内山村史』全2巻(2004・大内山村)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

大内山の関連キーワード三重県北牟婁郡紀北町紀伊長島区島原三重県度会郡大紀町大宮(三重県)大内山〈村〉大内山[村]大内山 平吉大台[町]紀勢〈町〉大宮[町]紀勢[町]6月19日松阪 春栄大紀(町)大紀[町]大内山牛乳小手投げ高野 茂松阪春栄阿曾温泉紀州犬

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大内山の関連情報