コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

果す オオス

デジタル大辞泉の解説

おお・す〔おほす〕【果す】

[動サ下二]おおせる」の文語形

はた・す【果(た)す】

[動サ五(四)]
物事を成し遂げる。「約束を―・す」「望みを―・す」
その立場としての仕事をみごとにやってのける。「指導的役割を―・す」
命を終わらせる。殺す。「―・さずにおくものか」
(動詞の連用形に付いて)すっかり…する。…してしまう。「金を使い―・す」
[可能]はたせる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おおす【果す】

( 動下二 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

果すの関連キーワードイスラム知識人会議ランジュバン計画クロロクルオリンオーンゲルマン川ランゲルハンス島トリガー産業MAO阻害薬ニッスル小体人間=機械系非参与的観察多目的原子炉宇宙実験室まき・まけイオニウム水力分級機高圧注射器リンパ心臓魚雷艇母艦キルフェル大都市地域

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android