果す(読み)オオス

デジタル大辞泉の解説

おお・す〔おほす〕【果す】

[動サ下二]おおせる」の文語形

はた・す【果(た)す】

[動サ五(四)]
物事を成し遂げる。「約束を―・す」「望みを―・す」
その立場としての仕事をみごとにやってのける。「指導的役割を―・す」
命を終わらせる。殺す。「―・さずにおくものか」
(動詞の連用形に付いて)すっかり…する。…してしまう。「金を使い―・す」
[可能]はたせる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android