成す(読み)ナス

デジタル大辞泉の解説

な・す【成す】

[動サ五(四)]
(「為す」とも書く)ある行為をする。「無益の事を―・す」「―・すすべもなく敗れる」
「国のこといとよく―・したりければ」〈落窪・四〉
物を作りあげる。仕上げる。また、事をしとげる。「一代にして産を―・す」
ある形・状態などをしている。「組織の体を―・していない」「球状を―・す」「門前市を―・す」
他の物に変える。他の状態にする。「新しい技法を自己のものと―・す」
「思はむ子を法師に―・したらむこそ心苦しけれ」〈・七〉
役や位につかせる。任命する。
「強ひて帥(そち)に―・し奉りて」〈かげろふ・中〉
高貴な方のお出ましを仰ぐ。お出ましのあるようにする。
「主上を扶(たす)け乗せ進(まゐら)せて陽明門より―・し奉る」〈太平記・二〉
(他の動詞の連用形に付いて)意識してそのようにする。わざと…する。「敵と見―・す」
「中の宮をなむいかで人めかしくも扱ひ―・したてまつらむ」〈・総角〉
[可能]なせる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

成すの関連情報