コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柏木幸助 かしわぎこうすけ

防府市歴史用語集の解説

柏木幸助

 1856年(安政3年)に三田尻で生まれ、華浦医学校[はなうらいがっこう]で物理や化学を学びました。日本ではじめて体温計を作ったほか、しょうゆを早く醸造する方法や、酵素を発見して消化剤を生み出すなど様々な発明を行いました。また、多くの会社を設立し、産業・文化の面で防府の発展に力を注ぎました。

出典 ほうふWeb歴史館防府市歴史用語集について 情報

朝日日本歴史人物事典の解説

柏木幸助

没年:大正2?(1913)
生年:安政3.12(1856)
明治期の発明家,実業家。周防国三田尻(防府市)出身。寒暖計,検温器の製造で知られるが,生家は代々続いた薬屋で,生来調剤への関心が強く,安全マッチ,醤油醸造の「早造り法」,「柏木ジアスターゼ」でも名を残す。明治14(1881)年三田尻で寒暖計,検温器(水銀体温計)の製造を試み,16年11月にその第1号を製造した(製出年代は東京の山崎豊太郎の方が早い)。当時の検温器は輸入品で高価であったが,日露戦争後販路を拡大,43年には英米仏など先進国を視察し,帰国後製品の改良をはかり,「其の製出種類実に五十五種の多きに達し」,国内はもとより南洋,カナダ方面へも輸出,柏木体温計の名は世界に知られた。発明工夫を企業ベースに乗せた異彩を放つ人物であり,巨額の富を築いたといわれる。大正2(1913)年に2代幸助が事業を継承。<参考文献>松岡利春編『郷土史辞典・山口県』

(武知京三)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

柏木幸助の関連キーワード柏木幸助(初代)柏木 幸助

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android