コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

応急手当 おうきゅうてあてfirst aid

翻訳|first aid

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

応急手当
おうきゅうてあて
first aid

卒倒したり,けがをした場合などに,専門の医師が到着するまで,または十分な治療ができる施設に収容するまでの間に,救命のために行う適切な処置をいう。外傷性ショック,心停止,呼吸停止などが認められる重篤な状態では,最初の手当てが生命を左右するので,果断な処置が必要となる。心停止や呼吸停止に対しては人工呼吸と心臓マッサージを行う。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

おうきゅう‐てあて〔オウキフ‐〕【応急手当(て)】

応急処置」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

おうきゅうてあて【応急手当 first aid】

けが人や急病人がでたときに,医師による本格的な治療を受けるまでの間に行う一時的な手当をいう。手当の目的は,けが人や急病人の状態や患部をさらに悪化させないで医師に引き渡すことである。応急手当に際しては,医師が行うような治療,たとえば薬をのませたり注射をしたり,また医薬品を用いてきず(傷)を消毒したり,骨折部を整復したりすることは絶対にしてはならない。最近は,応急手当を含めて,けが人や急病人をすみやかに救助し医師に渡すまでの応急処置は救急法とよばれている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

応急手当
おうきゅうてあて

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の応急手当の言及

【救急医療】より

…救急医療のなかには次のものが含まれる。(1)一般人が行う応急手当や救急蘇生法,(2)救急隊員が行う救急処置および救急車による患者の病院への搬送,(3)医師の診療,看護婦の介助や看護,医療従事者(放射線科技師,臨床検査技師,医療事務者など)による検査や事務手続,(4)救急医療情報センターによる情報の収集と伝達。
[救急医療の対象となる病気やけが]
 日本では,けが,やけど,その他の不慮の事故で若い人たちが死亡することが多いため,長い間,不慮の事故による患者の対策が救急医療で最も重要視されてきた。…

※「応急手当」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

応急手当の関連キーワードファーストレスポンダー脳卒中(脳血管発作)自動車事故被害者問題プレホスピタルケアがれきの下の医療ライフセービング歯痛の応急手当こしきさやか救急救命士骨折の症状市民救命士柔道整復師野戦病院岩崎秀夫救急箱消防団学校医林京介助産師脱水症

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

応急手当の関連情報