コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

接骨師 セッコツシ

百科事典マイペディアの解説

接骨師【せっこつし】

正式には〈柔道整復師〉という。骨折脱臼(だっきゅう),捻挫(ねんざ),打撲傷などを,整復術,ギプス副木,マッサージ,罨法(あんぽう),薬物塗布などにより治療する人。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せっこつし【接骨師】

俗に接骨医,整骨医などともいわれるが,正式には柔道整復師という。柔道整復師法(1970)には〈都道府県知事の免許を受けて,柔道整復を業とするものをいう〉と規定されている。柔道整復とは,外科手術によらないで経験と勘によって,もみ療治,副木,ギプス,塗布薬を用いて,骨折,打身,捻挫,脱臼などを治療することで,民間療法の〈ほねつぎ〉に相当する。 骨折や脱臼などの整復は古くから行われていたと考えられる。大宝律令(701)の医疾令には按摩(あんま)科の名がみえ,骨折や脱臼などの治療を行っていた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

接骨師の関連キーワード整形外科操体法