接骨師(読み)セッコツシ

百科事典マイペディアの解説

接骨師【せっこつし】

正式には〈柔道整復師〉という。骨折脱臼(だっきゅう),捻挫(ねんざ),打撲傷などを,整復術,ギプス・副木,マッサージ,罨法(あんぽう),薬物塗布などにより治療する人。民間療法の〈ほねつぎ〉に相当。江戸時代以降整復師を柔道(柔術)の教師が兼業したことから〈柔道整復〉の名で呼ばれるようになった。従来〈あん摩マッサージ指圧師,はり師,きゅう師,柔道整復師等に関する法律〉で規制されていたが,柔道整復師に関する部分が切り離され,単独法として整備されて,1970年〈柔道整復師法〉が公布された。とくに養成施設への入所・入学に柔道の素養のあることが条件とされているのが特徴。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せっこつし【接骨師】

俗に接骨医,整骨医などともいわれるが,正式には柔道整復師という。柔道整復師法(1970)には〈都道府県知事の免許を受けて,柔道整復を業とするものをいう〉と規定されている。柔道整復とは,外科手術によらないで経験と勘によって,もみ療治,副木,ギプス,塗布薬を用いて,骨折,打身,捻挫,脱臼などを治療することで,民間療法の〈ほねつぎ〉に相当する。 骨折や脱臼などの整復は古くから行われていたと考えられる。大宝律令(701)の医疾令には按摩(あんま)科の名がみえ,骨折や脱臼などの治療を行っていた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android