コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柳家三亀松 やなぎや みきまつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

柳家三亀松 やなぎや-みきまつ

1901-1968 大正-昭和時代の漫談家。
明治34年9月1日生まれ。初代柳家三語楼の門下。新内,都々逸(どどいつ),声色(こわいろ),物まね,形態模写をとりいれた艶笑(えんしょう)漫談を三味線の爪(つま)弾きにのせてかたる独自の芸風で評判をえた。昭和40年芸術祭奨励賞。昭和43年1月20日死去。66歳。東京出身。本名は伊藤亀太郎

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

やなぎやみきまつ【柳家三亀松】

(初世)(1901~1968) 漫談家。東京生まれ。本名、伊藤亀太郎。三味線漫談で人気を博す。女性の声色を生かしたネタを得意とした。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

柳家三亀松
やなぎやみきまつ
(1901―1968)

演芸家。本名伊藤亀太郎。東京・深川に生まれる。木場(きば)人足など職業を転々としながら清元(きよもと)を習い、幇間(ほうかん)となり、のち落語家の柳家三語楼に弟子入りして三亀松を名のる。三味線を手に都々逸(どどいつ)、新内(しんない)を交えての艶笑(えんしょう)風の漫談を開発、その退廃性のゆえに第二次世界大戦中は弾圧されたが、戦後復活、渋いのどと粋(いき)な語りで一世を風靡(ふうび)した。芸術祭奨励賞受賞。[向井爽也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

柳家三亀松の関連キーワード柳家 三語楼(1代目)柳家 三語楼(初代)コロムビア ライト柳家 小三亀松江利 チエミ白山雅一音曲師初世俗曲

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android