コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柳家三亀松 やなぎや みきまつ

3件 の用語解説(柳家三亀松の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

柳家三亀松 やなぎや-みきまつ

1901-1968 大正-昭和時代の漫談家。
明治34年9月1日生まれ。初代柳家三語楼の門下。新内,都々逸(どどいつ),声色(こわいろ),物まね,形態模写をとりいれた艶笑(えんしょう)漫談を三味線の爪(つま)弾きにのせてかたる独自の芸風で評判をえた。昭和40年芸術祭奨励賞。昭和43年1月20日死去。66歳。東京出身。本名は伊藤亀太郎

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

やなぎやみきまつ【柳家三亀松】

(初世)(1901~1968) 漫談家。東京生まれ。本名、伊藤亀太郎。三味線漫談で人気を博す。女性の声色を生かしたネタを得意とした。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

柳家三亀松
やなぎやみきまつ
(1901―1968)

演芸家。本名伊藤亀太郎。東京・深川に生まれる。木場(きば)人足など職業を転々としながら清元(きよもと)を習い、幇間(ほうかん)となり、のち落語家の柳家三語楼に弟子入りして三亀松を名のる。三味線を手に都々逸(どどいつ)、新内(しんない)を交えての艶笑(えんしょう)風の漫談を開発、その退廃性のゆえに第二次世界大戦中は弾圧されたが、戦後復活、渋いのどと粋(いき)な語りで一世を風靡(ふうび)した。芸術祭奨励賞受賞。[向井爽也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

柳家三亀松の関連キーワード大辻司郎漫談家吾妻ひな子井口静波花月亭九里丸西条凡児西村楽天牧野周一都家かつ江山野一郎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

柳家三亀松の関連情報