コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柳家三亀松 やなぎや みきまつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

柳家三亀松 やなぎや-みきまつ

1901-1968 大正-昭和時代の漫談家。
明治34年9月1日生まれ。初代柳家三語楼の門下。新内,都々逸(どどいつ),声色(こわいろ),物まね,形態模写をとりいれた艶笑(えんしょう)漫談を三味線の爪(つま)弾きにのせてかたる独自の芸風で評判をえた。昭和40年芸術祭奨励賞。昭和43年1月20日死去。66歳。東京出身。本名は伊藤亀太郎

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

やなぎやみきまつ【柳家三亀松】

(初世)(1901~1968) 漫談家。東京生まれ。本名、伊藤亀太郎。三味線漫談で人気を博す。女性の声色を生かしたネタを得意とした。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

柳家三亀松
やなぎやみきまつ
(1901―1968)

演芸家。本名伊藤亀太郎。東京・深川に生まれる。木場(きば)人足など職業を転々としながら清元(きよもと)を習い、幇間(ほうかん)となり、のち落語家の柳家三語楼に弟子入りして三亀松を名のる。三味線を手に都々逸(どどいつ)、新内(しんない)を交えての艶笑(えんしょう)風の漫談を開発、その退廃性のゆえに第二次世界大戦中は弾圧されたが、戦後復活、渋いのどと粋(いき)な語りで一世を風靡(ふうび)した。芸術祭奨励賞受賞。[向井爽也]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

柳家三亀松の関連キーワード柳家 三語楼(1代目)柳家 三語楼(初代)コロムビア ライト柳家 小三亀松江利 チエミ白山雅一音曲師初世俗曲

今日のキーワード

ヨリトフグ

硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。本州中部以南の各地と世界中の温帯から熱帯域に分布する。フグ科魚類のなかでも分布範囲がもっとも広い種である。体は円滑で小棘(しょうきょく)はなく、体の腹面に多数のしわ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android