コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柳川一蝶斎 やながわいっちょうさい

世界大百科事典 第2版の解説

やながわいっちょうさい【柳川一蝶斎】

日本手品師。(1)初代 生没年不詳。初代養老滝五郎の門弟で,初名柳川蝶之助。江戸で活躍し,〈うかれの蝶の曲〉でよく知られる。1837年(天保8)に将軍の上覧を仰ぎ,のち柳川豊後大掾(ぶんごのだいじよう)藤原清高を受領した。(2)2代 生没年不詳。東京駒込の植木屋に生まれる。初代の門弟。1880年ごろに2代を継ぎ,寄席で名を上げた。(3)3代(1847‐1909∥弘化4‐明治42) 本名青木治三郎。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

柳川一蝶斎の関連キーワード柳川一蝶斎(3代)柳川一蝶斎(2代)奇術

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android