コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柳生藩 やぎゅうはん

2件 の用語解説(柳生藩の意味・用語解説を検索)

藩名・旧国名がわかる事典の解説

やぎゅうはん【柳生藩】

江戸時代大和(やまと)国添上(えかみ)郡柳生(現、奈良県奈良市柳生地区)に藩庁をおいた譜代(ふだい)藩。藩校は修文館。藩祖の柳生宗矩(むねのり)は父の宗厳(むねよし)(石舟斎(せきしゅうさい))とともに新陰流(しんかげりゅう)の秘剣を完成、徳川家康(とくがわいえやす)に招かれて、将軍の徳川秀忠(ひでただ)徳川家光(いえみつ)の兵法指南役となった。1632年(寛永(かんえい)9)に総目付(大目付(おおめつけ))となり、その後1万2500石の大名となった。46年(正保(しょうほう)3)に宗矩が死没、長男の三厳(みつよし)(十兵衛)が遺領を継いだが、3男宗冬(むねふゆ)に4000石、4男義仙(ぎせん)に200石を分与したため、8300石の旗本となった。50年(慶安(けいあん)3)に三厳が急死、宗冬に三厳の旧領8300石が与えられ(宗冬の旧領4000石は収公)、さらに68年(寛文(かんぶん)8)に1700石加増されて1万石に列したことにより、大名に復帰した。以後、将軍家の師範役として明治維新まで13代続いたが、藩主は江戸に定府(じょうふ)したため、城下の発展はあまり見られなかった。1871年(明治4)の廃藩置県で柳生県となり、その後、奈良県、堺(さかい)県、大阪府を経て、87年に再置の奈良県に編入された。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

柳生藩
やぎゅうはん

大和(やまと)国の北東山間部の添上(そうのかみ)郡柳生村(奈良市)を中心に存した譜代(ふだい)藩。奈良市の中心部から柳生街道を経て、東方13キロメートルにあたる、柳生荘(しょう)の郷士柳生宗厳(むねよし)(石舟斎(せきしゅうさい))は新陰(しんかげ)流剣法の達人で、その子宗矩(むねのり)(但馬守(たじまのかみ))とともに秘剣を完成し、関ヶ原の戦いにはひそかに東軍に属し2000石を受けた。その後、宗矩は大目付に起用されて1万2500石の大名となり、将軍徳川秀忠(ひでただ)・家光(いえみつ)の剣術師範となる。宗矩の子十兵衛(じゅうべえ)三厳(みつよし)も武芸に優れ、地元の正木坂(まさきざか)道場にて多くの門弟を養成したという。陣屋は1642年(寛永19)宗矩が創建、宗冬(むねふゆ)が増築したが、1747年(延享4)焼失後は仮建築にとどまった。1646年(正保3)宗矩が没し、長子三厳が遺領を継いだが、三厳は三弟宗冬に4000石、末弟義仙(ぎせん)(芳徳寺第1世)に200石を分与したため8300石の旗本となった。しかし、のち三厳の遺領を宗冬が相続し(旧領は収公)、さらに1668年(寛文8)1700石を加増されてふたたび大名(1万石)に復した。以後、将軍家の師範役を勤めつつ、宗春、宗在(むねあり)、俊方(としかた)、俊平、俊峯、俊則、俊豊、俊章(としあきら)、俊能(としよし)、俊順(としむね)、俊益と続き、廃藩置県に至った。廃藩後、藩領は柳生県、奈良県、堺(さかい)県、大阪府を経て、1887年(明治20)再置の奈良県に編入。
 同地の臨済宗芳徳寺は、1638年(寛永15)宗矩が沢庵(たくあん)を開基として創建したもので、柳生家関係諸品や文書を有し、代々の墓地も存する。[平井良朋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

柳生藩の関連キーワード大和歌大和言葉大和郡山大和心大和路大和時代大和島大和屋中山大和大和路山渡太夫

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone