柴胡加竜骨牡蠣湯(読み)さいこかりゅうこつぼれいとう

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

漢方の一つ。生薬(しょうやく)柴胡(さいこ)竜骨(りゅうこつ)牡蠣(ぼれい)黄芩(おうごん)半夏(はんげ)人参(にんじん)茯苓(ぶくりょう)桂枝(けいし)または桂皮(けいひ)生姜(しょうきょう)大棗(たいそう)大黄(だいおう)などを含む。漢方の古典『傷寒論(しょうかんろん)』などに処方が示されている。高血圧動脈硬化更年期障害神経症、小児の夜泣きなどに用い、精神的な不安、いらだち、動悸(どうき)めまいのぼせ不眠といった症状をともなうとき、とくに有効とされる。比較的体力のある人がおもな対象。

出典 講談社漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android