桂文治(1世)(読み)かつらぶんじ[いっせい]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

桂文治(1世)
かつらぶんじ[いっせい]

[生]安永2(1773)/安永3(1774)
[没]文化12(1815)/文化13(1816)
落語家。上方で寄席を始める。当時全盛の素人噺と一線を画すため,鳴物入り大道具入りの芝居噺創始。『蛸芝居』などの作者と伝えられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android