コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桂文治(1世) かつらぶんじいっせい

1件 の用語解説(桂文治(1世)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

桂文治(1世)
かつらぶんじいっせい

[生]安永2(1773)/安永3(1774)
[没]文化12(1815)/文化13(1816)
落語家。上方で寄席を始める。当時全盛の素人噺と一線を画すため,鳴物入り大道具入りの芝居噺を創始。『蛸芝居』などの作者と伝えられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

桂文治(1世)の関連キーワード壇誉上人あけ烏安永南鐐安永餅三重県桑名市安永青木宗鳳(3代)板倉勝行加藤桃隣岸通昌本多正供

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone