コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桂三木助 カツラミキスケ

デジタル大辞泉の解説

かつら‐みきすけ【桂三木助】

[1902~1961]落語家。3世。東京の生まれ。本名、小林七郎。繊細な芸風で人気を得た。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かつらみきすけ【桂三木助】

落語家。(1)初代は2代目桂文枝(ぶんし)の前名で真打名前ではない。(2)2代(1894‐1943∥明治27‐昭和18) 本名松尾福松。上方の2代南光門下。三木助襲名後に上京して橘家円喬に師事し,東西の落語に精通した。(3)3代(1902‐61∥明治35‐昭和36) 本名小林七郎。はじめ柏枝(はくし)時代の春風亭柳橋門下。のち大阪へ行って2代三木助に師事して三木男を名のり,一時日本舞踊に転じたが,東京落語界に復帰して橘ノ円(まどか)を経て3代目襲名。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

桂三木助
かつらみきすけ

落語家。

初代

生没年不詳。初め桂南光、のち初代三木助となり、さらに2代目桂文枝(ぶんし)となる。[関山和夫]

2代

(1884―1943)本名松尾福松。2代桂南光門に入って手遊(おもちゃ)。のち2代目三木助襲名。昭和初期における上方(かみがた)落語界の重鎮で、『網舟(あみぶね)』『立切れ』などを得意とした。[関山和夫]

3代

(1902―61)本名小林七郎。春風亭柏枝(はくし)(のち6代目柳橋(りゅうきょう))に入門し、柏葉、小柳を経て大阪へ行き、2代目三木助門下となって三木男。東京へ帰って橋之助、柳昇、小柳枝と改め、一時期、日舞の師匠もしたが、落語界に復帰して橘ノ円(たちばなのまどか)。1950年三木助を襲名。『芝浜(しばはま)』『三井(みつい)の大黒(だいこく)』『ざこ八』などを得意とし、それらは『桂三木助集』(1963・青蛙房)に残されている。[関山和夫]

4代

(1957―2001)本名小林盛夫。3代の長男。5代目柳家小さん門下となり小太郎、小きんを経て1985年(昭和60)4代目三木助襲名。[関山和夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

桂三木助の関連キーワード春風亭 柳橋(7代目)立花家 千橘(3代目)春風亭 柳橋(6代目)桂 三木助(4代目)桂 三木助(2代目)桂 三木助(3代目)入船亭扇橋(9代)桂 文治(9代目)入船亭扇橋(9世)桂三木助(3代)桂三木助(3世)桂三木助(2代)愛と平成の色男春風亭 栄橋桂 仁左衛門へっつい幽霊林家木久扇お神酒徳利加賀の千代宿屋の仇討

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

桂三木助の関連情報