コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桂文治(3世) かつらぶんじさんせい

1件 の用語解説(桂文治(3世)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

桂文治(3世)
かつらぶんじさんせい

[生]?
[没]安政4(1857)
落語家。本名辰己勇吉。江戸で翁家さん馬の門で翁家さん遊といい,上方で1世扇松 (亭号不詳) 門に入り,扇勇を経て文治となった。江戸に帰って養子才賀に4世を譲り,1世桂文楽を名のった。嘉永4 (1851) 年落語家として初めて受領して桂大和大掾藤原忠誠を名のったとされる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

桂文治(3世)の関連キーワード階乗Nエヌ三角数N末端残基Diaz de la Peña,N.Gerhaert van Leyden,N.Jānībeg KhānJānībek KhānPoliteia tōn Romaiōn

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone