コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桂文治(3世) かつらぶんじ[さんせい]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

桂文治(3世)
かつらぶんじ[さんせい]

[生]?
[没]安政4(1857)
落語家。本名辰己勇吉。江戸で翁家さん馬の門で翁家さん遊といい,上方で1世扇松 (亭号不詳) 門に入り,扇勇を経て文治となった。江戸に帰って養子才賀に4世を譲り,1世桂文楽を名のった。嘉永4 (1851) 年落語家として初めて受領して桂大和大掾藤原忠誠を名のったとされる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

桂文治(3世)の関連キーワードインドの大反乱ケクレ歌沢大和大掾シュラーギントワイト[兄弟]オーバーストーンガーディナーシュネーダースウェンソンストックブリッジ新渡戸まり子

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone