コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桂文治(3世)(読み)かつらぶんじ[さんせい]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

桂文治(3世)
かつらぶんじ[さんせい]

[生]?
[没]安政4(1857)
落語家。本名辰己勇吉。江戸で翁家さん馬の門で翁家さん遊といい,上方で1世扇松 (亭号不詳) 門に入り,扇勇を経て文治となった。江戸に帰って養子才賀に4世を譲り,1世桂文楽を名のった。嘉永4 (1851) 年落語家として初めて受領して桂大和大掾藤原忠誠を名のったとされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android