桑折町(読み)こおり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

桑折〔町〕
こおり

福島県北部,福島盆地にある町。 1889年町制。 1955年伊達崎 (だんざき) ,半田,睦合 (むつあい) の3村と合体。近世には,佐渡,但馬 (たじま) と並び日本三大銀山と称された半田銀山を控えて繁栄し,付近の幕府領を管理する陣屋もおかれた。奥州街道宿場町羽州街道分岐点として発展。繊維,電子部品,食品などの工場がある。果樹栽培が盛んで,リンゴ,モモを産出。市街地は阿武隈川の段丘上にある。伊達氏館跡である桑折西山城跡は史跡,明治期の西洋建築,旧伊達郡役所 (重要文化財) が保存されている。 JR東北本線,国道4号線が通る。面積 42.97km2。人口 1万2271(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

桑折町の関連情報