コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梅蘭芳

美術人名辞典の解説

梅蘭芳

中国の伝統演劇・京劇俳優江蘇省生。字は畹華。11才の時女形として初舞台を踏み、以来名女形として一世を風靡した。民族的な表現形式に即した方向で京劇の近代化を推し進め、数多くの外国公演を通じて民族の芸術として世界の檜舞台にのせる道を切り開いた。また画を能くした。中国戯曲研究院院長・中国京劇院院長。中華人民共和国13年(昭和36・1961)歿、76才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ばい‐らんほう〔‐ランハウ〕【梅蘭芳】

メイ=ランファン(梅蘭芳)

メイ‐ランファン【梅蘭芳】

[1894~1961]中国の京劇俳優。北京の生まれ。女形として世界的名声を博し、京劇の改革にも努めた。中国京劇院院長などを歴任

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

梅蘭芳【ばいらんほう】

中国京劇の俳優。花(かたん)と呼ばれる女方名優で,美貌(びぼう)と美声により世界的に知られた。20歳ごろから北京を中心に活躍,第2次大戦後は中華人民共和国の文教政策に従って,京劇の伝統保持と改革に尽力

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ばいらんほう【梅蘭芳 Méi Lán fāng】

1894‐1961
中国の京劇俳優。日本でもメイ・ランファンと呼ばれることが多い。祖父の代から女方を専門とする梨園に育った。父の夭折のため貧窮生活のなかで芸に励み,古典技芸の基礎を固めた。16歳ころから絶妙の喉と容姿が備わって注目され,1913年には上海の舞台にたったが,歌中心の女方で失敗した。これを機に表情,動作,舞,立回り,化粧,衣装を研究し,ついに古装劇なる様式を生みだし大成功を収めた。17年,色芸ともに最高の女方となって来日し大歓迎をうけ,また歌舞伎からも学び,24年の再来日の後,意を強くして,30年には渡米公演。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

メイランファン【梅蘭芳】

1894~1961) 中国の京劇俳優。女形。古典に取材した演目を得意としたが、時装劇(現代劇)を取り入れ、日本をはじめ広く外国に京劇を紹介した。中国京劇院長を務めた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

梅蘭芳
ばいらんほう
Mei Lan-fang

[生]光緒20(1894).10.22. 江蘇,泰洲
[没]1961.8.8. 北京
京劇の俳優。メイ・ランファン。本名は鶴鳴。字はえん華。祖父,父ともに京劇関係者。幼児から舞台を踏んで抜群の歌唱,演技をみせ,女方として程硯秋,荀慧生,尚小雲と並ぶ「四大名旦」の筆頭に数えられた。抗日戦争中は日本軍の占領地区にいたが協力を拒否,解放後は中国戯劇家協会副主席,戯曲研究院院長として後進の指導にあたった。 1911,24,56年の3度にわたって来日したほか,アメリカ,ソ連など世界各地を訪れて京劇を紹介。また,女方を立役と同等の地位に引上げ,歴史劇を発展させ,崑曲の復興に努力し,京劇の改革進展に大きな業績を残した。著書『舞台生活 40年』 (1952) ,『東遊記』 (57) ,『梅蘭芳演出劇本選集』 (59) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の梅蘭芳の言及

【覇王別姫】より

…時,利あらず,騅(すい)逝かず……虞や虞や,若(なんじ)を奈何(いかん)せん〉と唱えれば,虞姫は剣を抜いて舞をまったのち自決する。この虞美人の悲劇は,京劇中,梅蘭芳(ばいらんほう)の当り狂言として有名である。【岡 晴夫】。…

※「梅蘭芳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

梅蘭芳の関連キーワードチェン カイコーチェン・カイコーチャン ツィイーメイランファンレオン ライ橋岡 久太郎10月22日松尾 国三中国演劇欧陽予倩貴妃酔酒太真外伝覇王別姫梅 葆玖現代劇袁世海

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android