(読み)コリ

デジタル大辞泉「梱」の解説

こり【×梱】

[名]
などでくくること。また、荷づくりした荷物
行李こうり
「大きな―は新橋迄預けてあるから」〈漱石三四郎
梱包した綿糸生糸などの数量を表す単位の名称。綿糸1梱は400ポンドで181.44キログラム、生糸1梱は9貫目で33.75キログラム。
[接尾]助数詞包装した貨物などを数えるのに用いる。

こん【梱】[漢字項目]

[音]コン(呉)(漢) []しきみ こり
そろえてしばる。「梱包こんぽう

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「梱」の解説

こう・る【梱】

〘他ラ四〙 (動詞「こる(梱)」の変化した語か。または、「こうり(行李)」の動詞化か) なわなどで荷物をしばる。荷作りする。こる。
※和英語林集成(再版)(1872)「ワタヲ kōru(コウル)

こ・る【梱】

〘他ラ四〙 荷物をなわなどでくくる。こうる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android