コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梶原氏 かじわらうじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

梶原氏
かじわらうじ

桓武平氏の一族。景時のとき,源頼朝に重用されたが,頼朝の死後諸氏に排斥され,以後衰微した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かじわらうじ【梶原氏】

鎌倉景政,あるいは鎌倉権大夫景通を祖とする桓武平氏鎌倉氏の一族で,鎌倉への入口にあたる相模国鎌倉郡梶原郷を本拠とした在地武士。大庭氏,長尾氏などとは同族にあたる。系図により多少の異同があるが,景通の子景久が梶原に住んで梶原太郎と称したのに始まるといわれる。源頼朝を石橋山で救ったことで著名な梶原景時は,景久の孫景清の子とも,景政の孫景長の子とも伝え,彼とその子息景季が頼朝に従って平氏追討に活躍したことで,鎌倉幕府内に一族の地位を築いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

梶原氏
かじわらうじ

各地にこの氏を称する家があるが、多くは、相模国(さがみのくに)鎌倉郡梶原郷(神奈川県鎌倉市)よりおこった桓武平氏(かんむへいし)鎌倉氏流の梶原氏(景通(かげみち)またはその子景久(かげひさ)を始祖とする)に出身を求める。景久の曽孫(そうそん)(一説に孫)景時(かげとき)は草創期鎌倉幕府の重職につき、長子景季(かげすえ)も宇治川(うじがわ)の先陣争いで武名をあげたが、源頼朝(よりとも)の死後幕府を追われ、1200年(正治2)正月、駿河国(するがのくに)狐崎(きつねがさき)(静岡市)で父子ともに戦死した。しかし景時の孫のなかに滅亡を免れた者があり、彼らはのち許されてふたたび幕府に出仕し、各地の梶原氏を称したと思われる。[杉橋隆夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

梶原氏の関連キーワード梶原景高の妻坂東八平氏登録記念物梶原性全長浜城跡北条氏規梶原景山山内一豊土佐国美作国無住水軍

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

梶原氏の関連情報