コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

森重文 もりしげふみ

4件 の用語解説(森重文の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

森重文
もりしげふみ

[生]1951.2.23. 愛知,名古屋
数学者。 1973年京都大学理学部数学科卒業。同大学院修士課程修了後,75年同大助手。 77年から3年間ハーバード大学助教授,帰国後名古屋大学理学部講師となったが,81年再渡米,プリンストン高等科学研究所に学んだ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

森重文【もりしげふみ】

日本の数学者。京大理学部卒。京都大学数理解析研究所教授。3次元多様体の研究により,1990年フィールズ賞。1990年文化功労者,1998年日本学士院会員。
→関連項目国際数学者会議

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

森重文 もり-しげふみ

1951- 昭和後期-平成時代の数学者。
昭和26年2月23日生まれ。ハーバード大助教授をへて,昭和63年名大教授,平成2年京大教授となる。同年「三次元代数多様体の極小モデル存在証明」で日本人として3人目のフィールズ賞。同年「代数多様体の分類理論の研究」で学士院賞(飯高茂,川又雄二郎との共同研究),文化功労者。16年「高次元双有理幾何学理論の建設」で藤原賞。愛知県出身。京大卒。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

森重文
もりしげふみ
(1951― )

数学者。愛知県生まれ。1973年(昭和48)京都大学理学部数学科を卒業。同数学科助手、アメリカのハーバード大学准教授、名古屋大学理学部助教授を経て、1988年同教授となる。1990年京都大学数理解析研究所教授となり、同年に、連立方程式で表された三次元の代数多様体の性質を調べ、これ以上簡単にできないという「極小モデル」空間の存在を証明したことにより、日本学士院賞、アメリカ数学界の最高栄誉のコール賞、数学のノーベル賞といわれるフィールズ賞を受賞した。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

森重文の関連キーワード社会福祉法電気事業ラジオ放送日本航空モロイコルタサルシプトンフライ液体不混和エピユー地向斜

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

森重文の関連情報