コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

椀飯 おうばん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

椀飯
おうばん

もとは食器に盛ったの意。供応のため設けた食膳,さらに供応それ自体をもさす。公家では年始,吉事などの際,朝臣に供応を命じた。鎌倉,室町幕府も,正月恒例の行事として有力な幕臣に供応の役を課した。江戸時代には,民間でも正月の祝いに一家親族を供応することを椀飯といった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

おう‐ばん〔ワウ‐〕【×椀飯/×埦飯/×垸飯】

《「わう」は「わん」の音変化》
椀に盛った飯。
饗応(きょうおう)すること。また、そのための食膳。公家では殿上(てんじょう)の集会などに、武家では家臣が主君をもてなすさいに行われ、鎌倉・室町時代には幕府の儀式ともなった。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

椀飯の関連キーワード大盤振る舞い・大盤振舞い大振る舞い・大振舞い【おう】(椀)飯懐石用具松田長秀千葉常胤大盤振舞飯尾之種椀飯振舞梅干し四つ椀大振舞埦飯殿上饗応碁手

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

椀飯の関連情報