コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

植村文楽軒 ウエムラブンラクケン

4件 の用語解説(植村文楽軒の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

うえむら‐ぶんらくけん〔うゑむら‐〕【植村文楽軒】

人形浄瑠璃文楽座座元。
(初世)[1751~1810]江戸時代後期の人。本名、道具屋与兵衛。大坂に人形浄瑠璃座「高津(こうづ)新地の席」を創設、文楽座の基礎を築いた。
(4世)[1813~1887]江戸後期から明治の人。文楽中興の祖。本名、正井大蔵。通称、文楽翁。大阪松島新地に文楽座を名乗って興行、文楽の全盛時代を導いた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

うえむらぶんらくけん【植村文楽軒】

1751‐1810(宝暦1‐文化7)
人形浄瑠璃文楽の芝居(後の文楽座)の創始者。本名正井(一説に征木(まさき))与兵衛。淡路国仮屋(一説に阿波国)出身。竹本座,豊竹座廃絶後の寛政年間(1789‐1801)に大坂に出て,道頓堀の東,高津(こうづ)橋南詰西の浜側に人形浄瑠璃の席を開いた。〈文楽軒〉は本人の素人義太夫の芸名,植村は淡路の人形座の元祖といわれる上村源之丞をならったという。のちに堀江市の側に進出。1810年に60歳で没した。その後,4世に当たる大蔵(文楽翁)が経営の才にすぐれ,座運を向上させた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

うえむらぶんらくけん【植村文楽軒】

人形浄瑠璃の文楽座座元。
(初代)(1751~1810) 大坂に人形浄瑠璃座「高津こうづ新地の席」を設け、文楽座の基礎を築いた。
(四代)(1813~1887) 文楽中興の祖。名は大蔵たいぞう。1872年、「官許人形浄瑠璃文楽座」の看板を掲げた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

植村文楽軒
うえむらぶんらくけん

人形浄瑠璃(じょうるり)劇団、文楽座の座元。6世まであるが、初世と4世とが有名。

初世

(1737―1810)阿波(あわ)(徳島県)の出身で、本名は道具屋大蔵。道具屋を業としたが、若いころより浄瑠璃を得意とし芸名に文楽軒を名のった。寛政(かんせい)(1789~1801)のころ大坂へ出て浄瑠璃の稽古(けいこ)所を開き、姓を植村と改めた。1805年(文化2)ごろ「高津新地(こうづしんち)の席」という人形浄瑠璃座を設け、今日の文楽座の基礎を築いた。初世没後、妻テルの甥(おい)正井貞蔵(ていぞう)が2世を継ぎ、博労(ばくろう)町難波(なにわ)神社境内に稲荷(いなり)の芝居を経営した。[山本二郎]

4世

(1813―87)本名を正井大蔵(のち植村に改姓)、文楽翁を称した。天性慧敏(けいびん)で経営の才に富み、稲荷の芝居は隆盛に赴いた。ところが天保(てんぽう)の改革で社寺内の興行が禁止されたため、各地を転々、苦難の経営を続けたが、1872年(明治5)大阪市西区松島に「官許人形浄瑠璃文楽座」の看板を掲げ、やがて斯界(しかい)の指導的地位を占め、文楽中興の祖とうたわれた。6世のとき経営不振となり、1909年(明治42)文楽座は植村家から松竹合名社に譲渡されるに至った。[山本二郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の植村文楽軒の言及

【人形浄瑠璃】より

… このころより,人形浄瑠璃は三味線音楽の発達(朱と呼ばれる譜を発明)と相まって,芸の練磨・伝承に重点が置かれ,古典化の途をたどる。ただし人形浄瑠璃の観客数は必ずしも減少したわけではなく,大坂市中には群小座が分立し,その中から19世紀初頭に,高津橋南詰(現在の国立文楽劇場付近)に植村文楽軒が建てた小劇場が,後に難波神社境内に移り,文楽の芝居と呼ばれ,幕末・明治期人形浄瑠璃界の中心勢力となり,1909年(当時,御霊(ごりよう)文楽座)に経営が植村家から松竹合名会社に移って以後も,文楽座の名称は残り,大正・昭和ころから〈文楽〉は人形浄瑠璃の代名詞となった(祐田善雄《浄瑠璃史論考》参照)。文楽【内山 美樹子】
[明治期の人形浄瑠璃]
 1872年(明治5),文楽軒の小屋は文楽座と名乗るが,当時,すでに文楽座は他座に抜きん出た大一座であった。…

【文楽座】より

…人形浄瑠璃の劇場名。淡路から大坂へ出た植村文楽軒は,寛政期(1789‐1801)に人形浄瑠璃を始めたという。そして1811年(文化8)のころには,〈文楽の芝居〉と呼ばれていた。…

※「植村文楽軒」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

植村文楽軒の関連キーワード乙二瓦人形宝暦秋田倩季今泉恒丸快道藤井樗亭松平直恒近松徳三(近松徳叟)中山文七

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone