コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

植民地教育 しょくみんちきょういく

1件 の用語解説(植民地教育の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しょくみんちきょういく【植民地教育】

ある民族,ある国を植民地にすると,支配本国はそこに本国の秩序・文化に同化させ,本国に依存して生きる意識を植えつけることを目的にした教育を持ちこむ。しかし,植民地の人々にとってみれば,これは自民族の教育権利を奪われ,支配本国の教育を押しつけられて,それを自分のものにするよう強制される,一連の非教育的体系にほかならない。19世紀後半から20世紀前半にかけてのいわゆる帝国主義の時代,イギリスフランスドイツアメリカオランダイタリアポルトガル,日本などは,アジアアフリカラテン・アメリカを分割し,植民地として支配した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の植民地教育の言及

【留学】より

…その意味で植民地からの留学生はエリート中のエリートだったのである。 ところで,植民地教育は直接統治であれ間接統治であれ,植民地統治機構の担い手を養成するわけで,その場合少数エリートに対しては同化教育を行うのが基本であった。その意味で本国の高等教育機関への被植民者の留学は,植民地の同化教育システムの頂点にほかならなかったのである。…

※「植民地教育」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone