コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

植草甚一 うえくさじんいち

3件 の用語解説(植草甚一の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

植草甚一【うえくさじんいち】

評論家,雑学の大家。東京生れ。早稲田大理工学部中退後,東宝に入社。戦後,映画評論を手がけるかたわらジャズミステリーの造詣を深め,1970年エッセー〈ぼくは散歩と雑学が好き〉を発表。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

植草甚一 うえくさ-じんいち

1908-1979 昭和時代後期の評論家,エッセイスト。
明治41年8月8日生まれ。戦後東宝を退社し,映画,ジャズ,海外ミステリーなどの評論,紹介に活躍。独特な文体,個性的なライフスタイルが若者の支持をえた。「ワンダーランド」(のち「宝島」)を創刊,編集。昭和54年12月2日死去。71歳。東京出身。早大中退。著作に「映画だけしか頭になかった」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

植草甚一
うえくさじんいち
(1908―1979)

評論家、エッセイスト。東京・日本橋生まれ。早稲田(わせだ)大学建築科中退。初め外国映画、とくにヒッチコックのスリラー映画などに独自の批評を展開。さらに欧米の現代文学、推理小説、現代美術、漫画、ジャズなどの現代音楽の紹介・批評へと多くの趣味を生かして広範囲に活躍。1960年代以降は自らニューヨーク生活を繰り返して、つねに現代に密着した自由な雑学精神で一生を貫き、前衛的若者芸術の教祖的存在でもあった。著書に『僕は散歩と雑学が好き』(1970)、『雨降りだからミステリーでも勉強しよう』(1972)、『映画だけしか頭になかった』(1973)など多数。[志賀信夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

植草甚一の関連キーワード江藤文夫酒井美代子坂西志保戸井田道三日沼倫太郎藤瀬五郎古谷綱武堀秀彦虫明亜呂無吉村貞司

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

植草甚一の関連情報