コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

楳茂都流 うめもとりゅう

5件 の用語解説(楳茂都流の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

楳茂都流
うめもとりゅう

日本舞踊の一流派。上方舞の一つ。江戸時代末期に鷲谷正蔵の子将曹が大坂で今様風流舞楳茂都流と名のって一流を開き,みずからも扇性 (せんしょう。1世) と改めた。歌舞伎の振付師として活躍するほか一般人に座敷舞を教えた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

うめもと‐りゅう〔‐リウ〕【×楳茂都流】

日本舞踊上方舞の流派の一。江戸末期、大坂の楳茂都扇性(せんしょう)が父鷲谷正蔵の芸を受けて創始。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

うめもとりゅう【楳茂都流】

上方舞の流派。今様風流舞を唱えた初世楳茂都扇性(せんしよう)を流祖とする。初世扇性(本名鷲谷将曹)は父の薫陶を受け,大坂の振付師となった。父正蔵は江戸末期,御所に出入りするうち,雅楽,乱舞,今様などを修得した人であった。初世の実子2世扇性(本名路三郎)は,振付技術が認められ,明治末年から大阪で隆盛をきわめた花街舞踊の振付師となった。3世家元陸平はその伝統を継承,一方で宝塚歌劇,松竹楽劇部等の舞台で新機軸を試みながら軽妙闊達の流風を残して上方舞の中で異彩を放っている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

うめもとりゅう【楳茂都流】

上方舞かみがたまいの一流派。江戸末期に大坂の楳茂都扇性せんしようが創始。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

楳茂都流
うめもとりゅう

上方舞(かみがたまい)の一流派。流祖(本名鷲谷将曹(わしたにしょうそう)。1826―94)の父正蔵(しょうぞう)は、江戸末期京都方広寺門跡妙法院宮に仕え、御所に出入りするうち、雅楽、乱舞(らっぷ)、今様(いまよう)、風流舞(ふうりゅうまい)の奥義を得、のち大坂・天満に移った。将曹はこれらの舞を伝承して今様風流舞楳茂都流をおこし、楳茂都扇性(うめもとせんしょう)と名のる。幕末から明治にかけて歌舞伎(かぶき)界の振付師として活躍するとともに、一般家庭の子女にも教え、大阪舞踊界に名をはせた。2世扇性(1865―1928)は初世の子で、さらに花柳界にも進出、「浪花(なにわ)をどり」の振付け・演出を創案し、また独自の舞踊譜、三絃(さんげん)譜を考案して作品の継承に道を開いた。3世家元陸平(りくへい)(1896―1985)は2世の子で、1931年(昭和6)渡欧。帰国後創作舞踊に新風を取り入れ、松竹楽劇部、宝塚少女歌劇にユニークな作品を発表。また文楽の振付けなど古典芸能にも造詣(ぞうけい)が深かった。著書に『舞踊への招待』がある。陸平没後は、高弟5人からなる理事制によっている。特色ある演目に『楳茂都流連獅子』『臥猫(ふしねこ)』『荒れ鼠(ねずみ)』等々がある。[如月青子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の楳茂都流の言及

【日本舞踊】より

…さらに新舞踊からも新流派はあり,藤蔭流,五条流,林きむ子(1886‐1967)の林流,西崎緑の西崎流がある。上方舞では篠塚文三郎(?‐1845)を祖とする篠塚流,井上八千代の井上流,山村友五郎による山村流,楳茂都(うめもと)扇性の楳茂都流,吉村ふじ(?‐1909)の吉村流等がある。歌舞伎舞踊【菊池 明】。…

※「楳茂都流」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

楳茂都流の関連キーワード細合半斎上方舞桂園派山村流吉村流吉村雄輝異派異を唱える地歌舞楳茂都扇性(初代)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

楳茂都流の関連情報