空中楼閣(読み)くうちゅうろうかく

精選版 日本国語大辞典の解説

くうちゅう‐ろうかく【空中楼閣】

〘名〙 (空中に築いた楼閣の意)
① 根拠のない架空の物事。想像で抽象的に構築した物事。空中の楼閣。空中楼台。
※随筆・孔雀楼筆記(1768)三「松風は排比鋪陳(はいひほちん)して、無中に有を生ず、空中楼閣の手段あり」
※花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉二七「況んや想像の余り一巻に空中楼閣(クウチウロウカク)を描写するに於てをや」
② 蜃気楼(しんきろう)のこと。空中の楼閣。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

四字熟語を知る辞典の解説

空中楼閣

根拠のない架空の物事。想像で抽象的に構築した物事。

[使用例] これはあきらかに彼の空中楼閣だった。妄想産物だった[竹山道雄国籍|1949]

[使用例] 「その確率はどれくらいかね。これは空中楼閣じゃないかね」〈〉「空中楼閣とや、どんな計画も、結果が出るまではそうですよ」[田久保英夫*花闇|1978]

[解説] 空中に築いた楼閣という味から。

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android