コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

概日リズム睡眠障害 がいじつりずむすいみんしょうがいCircadian rhythm sleep disorders

知恵蔵miniの解説

概日リズム睡眠障害

1日の中で望ましい時間帯に睡眠をとることができず、身体・精神症状を引き起こす睡眠障害のこと。症状は、日中の眠気、作業能率の低下、倦怠感、食欲不振など。主に、夜遅くまでのパソコン作業、朝日を浴びないといった自然から離れた生活をすることにより、脳がつかさどる体内時計(概日リズム)の働きが狂うことにより起こる。この障害の分類として、夕方から眠くなって寝てしまい早朝に目覚める「睡眠相前進症候群」や、明け方近くまで慢性的に寝付けず昼過ぎに目覚める「睡眠相後退症候群」、毎日1〜2時間ずつ寝付く時間と起きる時間が遅れていく「非24時間睡眠覚醒症候群」などがある。治療法には、朝の高照度光照射、時間療法、メラトニン睡眠薬の服用などがある。

(2014-2-10)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

デジタル大辞泉の解説

がいじつリズム‐すいみんしょうがい〔‐スイミンシヤウガイ〕【概日リズム睡眠障害】

睡眠時間帯が普通とずれる障害。特に、夜更かしに慣れて明け方に眠るようになると、日中の眠気、慢性疲労感、集中できないなど、日常生活に支障が生じる。→サーカディアンリズム

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

概日リズム睡眠障害の関連キーワード概日リズム睡眠障害(睡眠‐覚醒スケジュール障害)睡眠覚醒障害リズム障害