コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

榊原氏 さかきばらうじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

榊原氏
さかきばらうじ

清和源氏仁木氏の一流で,南北朝時代,仁木利長が居城した伊勢国一志郡榊原にちなんで氏としたという。その孫清長のとき三河国に移り,以後,代々松平氏に仕えた。天正 18 (1590) 年康政のとき,徳川家康の関東入国に伴い,上野館林 10万石に封じられた。寛永 20 (1643) 年忠次のとき,4万石を加え,奥州白河城主となり,慶安2 (49) 年には播磨姫路 15万石に封じられた。寛文7 (67) 年政倫のとき,越後村上に,政邦のとき西国探題,さらに再度姫路に移封された。寛保1 (1741) 年政永のとき,越後高田 15万石に封じられて以来,子孫相継ぎ,明治にいたって子爵に叙せられた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さかきばらうじ【榊原氏】

近世の譜代大名。仁木氏の出といわれ,伊勢国一志郡榊原村を本貫とする。清長のとき三河国に移り上野下村に居住し,松平広忠に仕えた。清長の孫榊原康政は家康に近侍し,旗本の部将に取り立てられ重臣となった。関東入国時,上野国館林で10万石を与えられ,子孫は陸奥国白河,播磨国姫路,越後国村上などをへて,1741年(寛保1)越後国高田15万石に転封。維新後,子爵。【煎本 増夫】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

榊原氏
さかきばらうじ

三河(みかわ)出身の譜代大名(ふだいだいみょう)。室町時代の伊勢国(いせのくに)守護仁木義長(にきよしなが)の子孫といわれ、伊勢国一志(いちし)郡榊原村(三重県津市)に住し榊原氏を称した。のち清長(きよなが)のとき三河国(愛知県)に移り、岡崎城北西部に位置する上野下(うえのしも)村に居住し、徳川家康の父松平広忠(まつだいらひろただ)に仕えた。清長の孫康政(やすまさ)は家康の近臣となり、三河一向一揆(いっこういっき)のあと旗本一手の侍大将に取り立てられた。榊原康政は三傑の一人と称せられ徳川氏重臣となった。五か国領有時代も旗本部将で活躍し、関東入部後は上野国(こうずけのくに)(群馬県)館林(たてばやし)で10万石を与えられ大名となった。子孫は陸奥国(むつのくに)(福島県)白河、播磨国(はりまのくに)(兵庫県)姫路、越後国(えちごのくに)(新潟県)村上に移封ののちふたたび姫路に転封され、最後は越後国高田15万石で明治維新に至る。官名は康政以来、式部大輔(しきぶたいふ)を世襲し、徳川氏の譜代筋(すじ)では名門である。[煎本増夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の榊原氏の言及

【姫路藩】より

…播磨国(兵庫県)飾東(しきとう)郡姫路を城地とした譜代中藩(初期は外様大藩)。1580年(天正8)羽柴(豊臣)秀吉が黒田孝高(よしたか)から姫路城を譲られたが,本能寺の変(1582)ののち大坂城に移り,そのあと83年に弟秀長が在城し,ついで85年以降木下家定1万1300石(のち2万5000石)が在城した。関ヶ原の戦後1ヵ月,1600年(慶長5)10月徳川家康の女婿池田輝政が播磨一国52万石の大名として入城した。…

※「榊原氏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

榊原氏の関連キーワード交代寄合榊原政令黒沢節窩榊原篁洲白河藩小峰城高田城上越市村上藩姫路藩宮奉行本多氏高田藩館林藩酒井氏

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

榊原氏の関連情報