コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

樋脇 ひわき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

樋脇
ひわき

鹿児島県北西部,薩摩川内市中部の旧町域。川内川の支流樋脇川,市比野川流域に位置する。 1940年町制。 2004年川内市,入来町,東郷町,祁答院町,村,上甑村,下甑村,鹿島村と合体して薩摩川内市となった。江戸時代には塔之原 (とうのはら) に地頭仮屋 (→ ) が置かれた。農業が主産業で,河川沿岸の沖積地と周囲のシラス台地で,米,サツマイモのほか,ラッキョウ,ハクサイ,トマト,ゴボウなどを産する。竹製品と焼酎が特産。市比野川沿いには市比野温泉がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

樋脇
ひわき

鹿児島県北西部、薩摩(さつま)郡にあった旧町名(樋脇町(ちょう))。現在は薩摩川内(せんだい)市の中南部を占める一地区。1940年(昭和15)町制施行。2004年(平成16)川内市、入来(いりき)町、東郷(とうごう)町、祁答院(けどういん)町、里(さと)村、上甑(かみこしき)村、下甑(しもこしき)村、鹿島(かしま)村と合併、薩摩川内市となる。旧町域は、川内川支流の樋脇川流域低地と周囲のシラス台地からなる。近世は島津氏の直轄地で、塔之原(とうのはら)に地頭仮屋(じとうかりや)・麓(ふもと)が置かれた。米、茶、畜産などのほか野菜の生産が多く、竹製品が特産物。樋脇川と合流する市比野(いちひの)川上流の市比野温泉は単純温泉。町で集中管理して旅館や一般家庭に配湯している。[白石太良]
『『樋脇町史 続編』(1959・樋脇町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

樋脇の関連キーワード鹿児島県薩摩川内市樋脇町市比野田苑酒造焼酎資料館鹿児島県薩摩川内市鹿島(鹿児島県)川内(鹿児島県)東郷(鹿児島県)薩摩川内(市)薩摩川内[市]里(鹿児島県)五百年のロマン樋脇[町]入来〈町〉武田 俊光東郷[町]田苑麦

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

樋脇の関連情報