コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

模型飛行機 もけいひこうき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

模型飛行機
もけいひこうき

飛行機の小型模型実物に似せてつくることを目的とした飛ばない形態模型と,飛行を目的とした動力付きないし無動力の模型がある。後者は近年,競技としても行われ,フリーフライト,コントロールラインラジオコントロールなどの種目がある。 (1) フリーフライト グライダーゴム動力機,エンジン機を飛ばし,滞空時間の長さを競う。競技者の手を放れてから一切の飛行は,機自体の安定性,風・上昇気流などに左右される。 (2) コントロールライン 1~3本 (通常は2本) の操縦索 (コントロールライン) でつながれたエンジン機を,地上の競技者がハンドルで操作し,スピード,滑空した空中図形の正確さ・美しさ,2~3機による追抜き,機の後尾につけた紙テープの切り合い,などを競う。 (3) ラジオコントロール 地上の競技者が,エンジン機,グライダーなどを無線で操作し,その技術を競う。エンジン機では空中図形の正確さ・美しさ,標柱のまわりを飛行しながらの追抜きなどが,グライダーでは滞空時間・距離・スピードの総合点が競われる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

模型飛行機【もけいひこうき】

飛行機の小型模型。実物の型を正確に作る(ソリッドモデル)ものと飛行を目的としたものがある。前者はプラスチック製が多い。後者はゴムまたはエンジンによりプロペラを回転して空中を飛行させる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

模型飛行機
もけいひこうき

人が乗ることのできない飛行機であって、おもに趣味やスポーツとして工作や飛行を楽しむものである。実物飛行機(人の乗れるもの)にできるだけ似せてつくることから、模型飛行機といわれているが、飛行する原理はまったく同じである。模型飛行機の歴史は古く、人間が空を飛ぶことを、夢でなく科学としてとらえたときに始まり、人間が空を飛べるようになるまでは、空飛ぶ機械、すなわち本物の飛行機であったことは間違いない。最近は、飛行機のほかにもグライダーやヘリコプターなども含むようになったので、模型航空機といったほうが正しいが、一般には模型飛行機といわれている。
 模型飛行機は、その飛行を管理する方法により、次の三つの種類に分けられる。〔1〕フリーフライト型(機体が手から離れたら、人間の作用がまったく及ばないもの)、〔2〕コントロールライン型(おもに2本のワイヤで、昇降舵(だ)を操作して機体を操縦し、その索の長さを半径として、中心にいる操縦者の周りを周回して飛行するもの)、〔3〕ラジオコントロール型(通常は、地上にいる人間が無線機を操作し、実物飛行機とまったく同じように模型飛行機を操縦し、飛行させることができるもの)。
 模型飛行機は、その定義、規格、安全性、飛行、競技、記録、技能など、世界共通の基準がFAI(国際航空連盟)のCIAM(国際模型航空委員会)により、FAIスポーツ規定の第四編として定められており、加盟各国はそれに従わなければならないことになっている。日本は、日本模型航空連盟(JMA、1949年創立)から、この国際会議に日本代表委員を派遣している。[渡辺敏久]
『木村秀政校閲、森照茂著『増補改訂 模型飛行機――理論と実際』(1979・電波実験社) ▽摺本好作著『模型飛行機』(保育社・カラーブックス)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

模型飛行機の関連キーワードケーリー(Sir George Cayley)日本の遊び・玩具史(年表)indoor planeイメージトレーニングフェザープレーンオンボードカメラセールプレーン3Dプリンター二宮 忠八遠隔制御緑川洋一北代省三ドローン二宮忠八バルサ籤・籖飛ばす送信機

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

模型飛行機の関連情報